こんな時代だからこそ知りたい「キャンセル費用」の対象例

アメリカでは、3月13日より欧州からの渡航受け入れを30日間停止したことに続いて、19日すべての海外渡航の中止を求める勧告を出しました。

「渡航の中止」は、国務省が出す4段階の渡航情報の中で一番上の「レベル4」で、最も厳しいものです。

世界の各国でも、渡航先に対してや受け入れについての規制を次々と出しており、渡航を急遽断念せざるを得ないケースが頻繁に発生しています。

また、渡航前に「コロナに感染してしまった!」、「同居の親族が感染した!」、「自分も濃厚接触者なので渡航は自粛したい!」などの理由よって旅行を取りやめなければならないことも。

そんな事態に備えて、最近海外旅行保険に「旅行キャンセル費用」、もしくは「旅行変更費用」と呼ばれる補償を付けたい、という希望が増えています。

ではこのキャンセルに備えた補償、どんな時に補償され、どのくらい役に立つのでしょうか?

「旅行キャンセル(変更)費用」保険について

どういったことに備えられる補償なのか?

旅行変更費用担保特約概要
親族の死亡や本人の入院、渡航先の地震・噴火・津波の発生や退避勧告等の発出などにより、海外旅行保険を中止または途中で取りやめられた場合に、取消料・違約料や中途帰国費用等を支払います。
KOSAKAI
保険期間が3ヶ月までの場合にのみ、通常のプランにオプションとして付けることが出来ます。補償額は、旅行代金や帰国便の運賃などを目安に決定します。クルーズ旅行の場合には、同室予定の方の状況も保険適用となる「クルーズ旅行取消費用」という特約を付けることをお勧めします。

どんな時に保険の対象となるのか?

旅行変更費用が適用となる主なケース
  1. 補償対象者等(同行予約者を含みます。以下同様)または補償対象者等の配偶者もしくは3親等以内の親族が死亡した場合または危篤になった場合。
  2. 補償対象者等または補償対象者等の配偶者 もしくは2親等以内の親族が傷害または疾病を直接の原因として入院した場合。ただし、入院が補償対象者等については出国前には継続して3日以上、その他の者については出国前後にかかわらず継続して14日以上に及んだ場合に限ります。
  3. 補償対象者等の居住する建物またはこれに収容される家財が、火災や風災、建物外部からの物体の飛来などのいずれかによって損害を受け、その損害の額が100万円以上になった場合。
  4. 渡航先(訪れている渡航先またはこれから訪れるもしくは経由する予定を含む)において、次に掲げる事由のいずれかが発生した場合(ア)地震もしくは噴火またはこれらによる津波(イ)戦争、外国の武力行使、暴動またはテロ行為(ウ)運送・宿泊機関等の事故または火災(エ)渡航先に対する退避勧告等の発出(日本国政府が発出する退避勧告または渡航中止勧告をいいます)
  5. 補償対象者等に対して日本もしくは外国の官公署の命令、外国の出入国規制または感染症による隔離が発せられた場合
保険加入時には、上記の状況が発生していないことが保険適用の前提です。

事例別に対象になるかどうかを見てみましょう

韓国に渡航予定であったが、コロナ感染拡大により渡航を中止した場合

この場合、エリアによって渡航中止した費用や、渡航後中途帰国をする際の費用が保険適用となるかどうか違います。

例えば、慶尚北道奉化(ポンファ)郡や大邱(テグ)広域市であれば、「レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」のため、上記適用となる主なケースの④に該当しますので、保険が適用となります。

渡航中止勧告地域以外の韓国全土は、「レベル2:不要不急の渡航は止めてください。」であるため、保険の対象にはなりません。これは他の国でも同様の考え方となります(※大手旅行会社や航空会社では、無料キャンセルや延期の対象となるケースがあります)。

感染者確認国・地域(注:日本を含む)からの入国・入域制限が行われている国・地域に渡航する場合

例えばタイでは、コロナの陰性証明書とコロナ保険に加入していなければ入国の便にチェックインが出来なくなりました。

また、中国のように入国後に検査と例え陰性でも2週間の自宅や施設内での待機が義務付けられている国も多数あります。

このような国へは、例え渡航は禁止されていなくても非常に高いハードルがあるため、渡航を断念するケースは多いでしょう。しかし残念ながら、このような理由では保険の対象にはならないのです(※大手旅行会社や航空会社では、無料キャンセルや延期の対象となるケースがあります)。

祖父がコロナに感染し発症。入院治療となった場合

これは上記適用となる主なケースの②で、コロナのために最低でも14日間以上は入院となりますので保険が適用となります。

自分自身や同行予約者の場合には、継続して3日以上の入院する事例で該当となります。

同居の親族が感染し、濃厚接触者となってしまったので念の為渡航をキャンセルした場合

日本では現在、濃厚接触者であるからと言って特に行動に規制は設けていません。もちろん、出来れば自主的に規制をするべきだとは思います。

しかし保険としては、濃厚接触者になってしまったから念の為渡航はキャンセル、という理由では適用にはなりません。

KOSAKAI
このように、ただ不安であるなどの自己都合は一切保険の対象にはなりません。旅行会社や航空会社では無料キャンセルの対象外である、ご自身やご家族の病気や災害に備えて、という場合に役立つことが多いですね。海外ロングステイの方は、通常掛けている海外旅行保険とは別に、日本一時帰国時や他国への旅行の時に別途キャンセル費用を付けた海外旅行保険を用意すると安心です。

※注意事項

このブログは、海外旅行保険についての概要・特徴を一般的に案内したものであり、保険会社によって適応できないこともございます。つきましては、実際のご契約・ご利用の場合には、その該当保険会社のパンフレット・重要事項説明書・約款等で詳細をご確認いただくようお願いします。


日本に一時帰国不要です。

海外からお申込み可能な日本の海外旅行保険


海外でビクビクしながら生活している保険難民のあなた、日本の海外旅行保険は加入国制限はありません、旅行や出張で第三国、第四国と移動されても使用可能です、キャッシュレス対応病院も多い安心な海外旅行保険は「海外安心生活保険」とお考えください。

世界中で、24時間365日の安心日本語対応!