まずは帰国時にも病気や怪我の補償ができる3ヶ月の海外旅行保険に加入してください。

お知らせ
新型肺炎の感染拡大に伴い、現在弊社では状況が改善するまで中国への渡航を一切中止しております。中国での対応につきましては、メール・スカイプ・微信等にて日本からのみとさせていただいております。
国内での発症は公費で負担される新型コロナウイルスですが、海外で発症した場合治療費は1,000万円単位となってしまうことが考えられます。

この事態が収束するまでは出来るだけ、感染者が確認された国・地域への旅行は控えた方が良いかと思いますが、現在すでに海外在住の方、そのご家族の皆さん、中国から身動きのとれない日本人の方は、

万が一に備えた海外旅行保険は絶対に必要です。

日本一時帰国中でも日本で病院の利用が可能なのは、保険期間3ヶ月以上から

海外旅行保険は、保険期間が3ヶ月以上であれば追加保険料無しで、自動的に「一時帰国中補償」が付帯されます。

しかし3ヶ月未満の契約の場合は、保険期間中でも一旦帰国してご自宅に着いた時点で保険自体が終了となってしまうので、くれぐれも注意が必要です。

本来は、日本の自宅を出発してから日本のご自宅に帰るまでの期間で加入されるのがルールではありますが、自由に出入国出来ない国に行かれたり、感染が認められると14日間前後隔離される状況の今、出来るだけ3ヶ月以上のプランでご加入されることをお勧めします。

クレジットカード付帯保険では、新型肺炎対応には全く足りません

平常時の海外旅行であれば、クレジットカード付帯の保険だけでも十分足りるケースが殆どかも知れませんが、現在のような非常時であれば、もしもの発症リスクは非常に高いため治療費用が少額なクレカ付帯保険は非常に危険です。

また日本出国後90日以内まで有効ですが、もちろん日本一時帰国時の補償はありません。

今は一般の海外旅行保険にご加入をされることを、強くお勧めいたします。

重要なのは『治療・救援者費用』です

治療・救援費用保険金とは
「ケガや病気等により病院で治療を受けた場合に補償されます。」
治療・救援費用保険金とは
「ケガや病気で継続して3日以上の入院で家族に駆けつけてもらうことになった場合、費用が補償されます。」

もしもあなたがウイルス感染により入院されたとしても、海外旅行保険が高額な入院治療費用を負担してくれ、かつ現地に家族が赴いた場合も費用が補償されます。

補償額はプランによって異なりますが、3000万円以上もしくは無制限で契約をしてください、事態が収束するまでは保険に対し少し多めに予算を回し、自分と家族、大切な人をお守りいただけますようお願いします。

参考までに、一年間のプランで、治療救援費用3,000万円と無制限では、保険料の差額は3万円ほどです、月額2,500円ほどの違いとなります。

クレジットカード付帯の補償額は一般のカードで50万円〜100万円、ゴールドカードでも200万円〜300万円と海外旅行保険に比べると治療・救援費用はかなり低く、とても海外の入院費用を賄うことはできません。

現在日本国内でコロナウイルスに感染した場合は公費で負担されます。
逃げ場を失い、自宅から出れない中国在住の日本人の方も多くいらっしゃるのが現実です、その他大勢の方が世界中で怯えています。

まずは自分のできることを見直し、予防を徹底的に行いましょう。

現在海外在住でこの記事を読み、とりあえず3ヶ月だけ海外旅行保険に加入したいと思われた方はこちらからご連絡ください。

弊社は「海外滞在中」でも一時帰国をせずに新規ご加入できるようにサポートさせていただいている総合保険代理店です。


※注意事項

このブログは、海外旅行保険についての概要・特徴を一般的に案内したものであり、保険会社によって適応できないこともございます。つきましては、実際のご契約・ご利用の場合には、その該当保険会社のパンフレット・重要事項説明書・約款等で詳細をご確認いただくようお願いします。


日本に一時帰国不要です。
・外国人配偶者も
・海外で生まれたお子様も
・過去に断られた方も
・70歳以上の方も100歳以上の方も

海外からお申込み可能な日本の海外旅行保険


海外でビクビクしながら生活している保険難民のあなた、日本の海外旅行保険は加入国制限はありません、旅行や出張で第三国、第四国と移動されても使用可能です、キャッシュレス対応病院も多い安心な海外旅行保険は「海外安心生活保険」とお考えください。

世界中で、24時間365日の安心日本語対応!

もちろん帰国決定で月単位の返金対応!




ABOUTブログ運営者

総合保険代理店株式会社「セーブユー」 代表・| 中国上海グループ会社「上海勢武優文化伝播有限公司」代表|真に役立つ保険の普及と、適切な助言や情報を提供することで人々に貢献すること。保険のプロが教える・知って得するブログ運営者