「緊急搬送」一覧ページ

転院費用補償を使い、高額治療国アメリカから日本に戻り手術を受けたいと思う3つの理由。

盲腸ですら200万円を超えるこのアメリカ…Sさんの海外旅行保険は、治療救援費用が1,000万円というプラン。これでは足りないかもしれない…..

Sさんは日本の病院に転院して手術を行うことになりました。転院費用も、もちろん海外旅行保険から払ってもらえます。

〜〜〜〜〜〜

Sさんはアメリカ・ニューヨーク在住。

10年前に貿易会社を立ち上げ、日々忙しい毎日を送っています。

続きを読む

海外移住者の秘めた本音「もしもの入院や手術は、絶対日本で」….絶対不可能を可能にした日本の海外旅行保険!

あなたが今、生活をしている国以外でケガや病気で入院することになった時、1泊2日程度ならそれほど不便は感じないでしょう。

でも、もしも1週間や10日、いえ1ヶ月2ヶ月と長期になるのであれば、やっぱり住み慣れたご自宅の近くで入院したいですよね。

また、留学されている方や海外に住み始めたばかりの方であれば、入院の時には普段生活している海外よりも日本に戻って療養したいと思うかも知れません。

ましてや、大怪我や重篤な病気の手術の場合や、長期に渡る入院治療の場合には、既に海外に移住しているとは言えやっぱり日本の病院に安心を感じてしまうのでは無いでしょうか。

そんなあなたが、日本や普段住んでいる居住国へ搬送してもらえる費用までも海外旅行保険から出るのは、たったの入院3日以上でいいんです。
続きを読む

在外邦人保護の為に、領事館が強く要望する在留届と海外旅行保険。

日々いろいろなご相談をいただく中で、深刻なお悩みは海外で一人暮らしをしている方からのご相談。

それは、万一自宅で意識不明で倒れてしまったら!

病院に搬送されても、意識不明では加入している海外旅行保険のことを、病院に伝えられない!

これ、確かにとても心配なもの。

今回は、そんなご心配に対するアドバイスを求め、上海の日本領事館へと相談に行ってきました!
続きを読む