「歯科治療」一覧ページ

海外旅行保険の知恵袋「歯が折れた」!

保険が使えるかどうかの質問の中で、「健康診断」に次いで多いのが「歯科治療」

健康には自信があっても、歯だけはいつ悪くなるか分かりませんからね。

しかし残念ながら、「歯科疾病」いわゆる虫歯や歯周病など歯の病気については、一部の保険会社での31日以内プラン、もしくは留学生用の6ヶ月以上プランのみしか治療に保険利用は出来ません。

でも、歯の治療でも「転倒して歯が折れた!」「硬いものを噛んだ際に歯が欠けた!」などは保険が適用されるケースも。

インプラント治療も、状況によっては可能な場合があるって、ご存知でしたか?

そこで今回は、歯の治療が保険適用となる範囲や、どんな治療が可能なのか等、詳細を解説します!
続きを読む

こんなに範囲は広い_治療費用が使える病気・ケガ詳細解説

あなたが海外生活が長いにもかかわらず、今まで一度も海外旅行保険にご加入されたことが無ければ、どれだけ海外旅行保険が便利で安心かはパンフレットなどを見ただけでは分からないかもしれません。

特に海外現地の医療保険にご加入されている場合、入院や手術の時しか使えない商品も多いので、なおさらのことだと思います。

「カゼ程度の診察でも使えるんですか?」

「眼科は大丈夫ですか?」

「異常妊娠や帝王切開などはどうでしょうか?」

このようなご質問、あなたもお持ちでは無いでしょうか?

そこで今回は、こんなに範囲は広い、海外旅行保険の治療費用が使える病気・ケガの詳細を解説します!
続きを読む

【口の中】それ実は病気のサイン?全身の病気を引き起こす!

「あなたは今、何を後悔していますか?」

ある雑誌で、55歳から74歳のシニア1,000人を対象にアンケートを行った結果、健康面では「運動不足」や「食事の不摂生」、「毛髪の手入れ不足」などを上回り、「歯の定期検診をしっかりと受けていれば良かった」がトップになったそうです。

「もっと歯を大切にすれば良かった」と思わせる現象が、この年代に入ると起こるのです。

ある著名な歯科医によると、口の中を見れば寿命がわかると言います。

海外旅行保険では歯科疾病は対象外のため、どうしても海外では遠ざかってしまう歯医者。

でも今回の記事を読めば、きっとあなたも考えが変わることでしょう。(PRESIDENT 2019年3月18日号:プレジデント社より)
続きを読む

歯の治療は適用外!虫歯予防をしたいなら、食べてすぐに歯を磨いてはいけない。

あなたは子供の頃、お母さんから「ご飯を食べたら、すぐに歯を磨かないと虫歯になるわよ!」と言われませんでしたか?

幼稚園や小学校の時も、先生から「給食やお弁当を食べたら、みなさんすぐに歯を磨きましょうね!」と言われませんでしたか?

海外旅行保険は、歯の治療は適用外(ケガの場合はOK)なので、私もいつも歯磨きを食後すぐにやっていました。

しかし、今の常識はそうでは無いようです。

「えっ、そんなこと聞いたこと無い!」あなたもそう思ったことでしょう。

それでは、今と昔の歯磨きの常識の違いをご案内します!(TBSテレビ・この差って何ですか?より)
続きを読む

海外旅行保険、知ってて得する便利な利用法5つ。

海外で生活する日本人にとって、大きな安心が手に入る日本の海外旅行保険。

最大の理由はキャッシュレスでの治療救援費用が利用できることですが、知ってて得する便利な利用法が5つあります。
①治療費用の便利な隠れ技
②歯科治療も全てが☓ではない
③検査でも対象となるケース
④3日以上の入院なら、日本から親族が駆けつける費用が出る
⑤キャッシュレス以外の保険金を、海外現地で受け取る方法

これらの5つ。ちょっとしたことではありますが、知っていれば海外旅行保険を更にお得にご利用できます。
続きを読む

後遺障害に該当するケース!しかし中々認定しようとはしてくれません。

野球大好きWさん。

滞在先のサンフランシスコで、週末仲間たちと草野球をやるのがとっても楽しみ。

ある日のこと。バッターが打った内野ゴロが、Wさんが取ろうとした直前にイレギュラーにバウンド。

そのボールが前歯に当たり、ゴキッ!という鈍い音とともに何と前歯が3本折れてしまいました!

このような事故による歯の治療は海外旅行保険の対象なので、Wさんは安心して治療を受けることができました。

しかし驚いたことに、その後保険会社に保険金請求をした所、受け取った保険金は何と治療費用プラス400万円だったのです!

これ、一体ナゼ?
続きを読む