「持病」一覧ページ

現在治療中の病気・持病があって、これから海外に長期で行かれる方なら必見!

「持病(既往症) 海外旅行保険」

このようにネットで検索しても、出てくるのは「31日以内のプランであれば、持病の悪化でも300万円まで補償対象となります」という内容のみ。

もしくは長期プランで加入が出来ても、「持病や既往症は保険の対象外」という内容だけですね。

でも、実はそれだけでは無いのです。

長期プランであっても、持病の悪化どころか「現在治療中の病気」についても海外での悪化で保険が利用出来るプランだってあるのです!
続きを読む

持病・既往症の再発_どんなケースなら海外旅行保険の補償対象?

海外旅行保険は、31日以内の短期プランだけは「持病の悪化」でも300万円までは治療費が補償されますが、それ以上の長期プランでは全て対象外です。

では一般的に持病は対象外となりますが、過去にかかった病気(既往症)の再発は?以前扁桃腺が腫れて治療で完治した後、それがまた腫れたら対象外?

胃腸炎は?腰痛は?

大変多くの方から、これらについてのご質問を頂戴します。そこで今回は、出来る限りの詳細をお伝えしますので今後のご参考になさってください。

注)あくまでも最終の決定は、医師の診断や保険会社の判断となります。
続きを読む

プロが本音でお答えしますシリーズ②!「元々高血圧で、海外で悪化。これって持病で使えない?」

前回の「プロが本音でお答えします!」は、お陰様で大好評でした!シリーズ化決定いたします。

その後続々と寄せられた、海外旅行保険に関するよくある質問・疑問に、海外旅行保険のプロが本音でお答えします!

今回は、以下4つのご質問です。
Q1,元々高血圧で、海外で悪化。これって持病で使えない?
Q2,治療費500万円の2年契約。初年度で450万円使ってしまったら翌年はあと50万円?
Q3,現在アメリカ滞在中。海外旅行保険に加入すれば、オバマケアは不要?
Q4,翌年の継続が断られるのは、どんな時?
続きを読む

油断大敵!海外滞在中の高齢者高額事故・病気事例!備えましょう、わたしからの5カ条。

人生100年時代も間近。

今や70代80代での海外旅行や海外移住は珍しくなくなりました。

とは言え、やはり年を重ねていくと怪我をしやすくなったり、思いがけない重病になりやすいもの。

実際、高齢者の海外旅行や移住などが増えるにつれて、高額な事故や病気の事例は増える一方です。
続きを読む

糖尿病持ち55歳。セミリタイアでシンガポールへ。

Yさん55歳。

若い頃から証券会社で必死に働き、55歳にして念願のセミリタイアを出来る資産を築きました。海外移住先は、5年前に観光で訪問して、一発で気に入ったシンガポール

治安の良さ、綺麗な街中、そして税金が安いことから、証券マン時代の知識を活かして、セミリタイア後もシンガポールで投資をして収入を得ていこうと計画しています。

そんなYさんの唯一の悩みは、証券マン時代の接待攻勢の末に発病した「糖尿病」。一緒に渡航される予定の奥様も、日本で生活されているお子様たちも、みんなそんなYさんの
海外移住に反対をしています、、、。
続きを読む

持病を持っているあなたにだけ、こっそり教える賢い海外旅行保険の入り方

長年痛風を患っているOさん

年に少なくとも3回は痛風の発作に襲われ、正に風が吹いても激痛を感じるほどの痛みに、、、。

松葉づえを使わなければ、会社に出勤出来ないくらい痛いこともしばしば、、、。

そんなOさんに、ベトナムの駐在辞令が出ました。会社から駐在用の海外旅行保険費用を負担するとは言われたものの
続きを読む