「保険料節約」一覧ページ

【永久保存版】0歳-69歳までと70歳以上の海外旅行保険_完全比較

実は0歳から69歳までは同じ区分の海外旅行保険、70歳以上の海外旅行保険と何が違うか完全比較していきます。

医療保険(病気入院)は、年齢を重ねれば重ねるほど保険料が高くなりますが、ケガの保険(傷害保険)も70歳を超えると骨折や転倒が増えることから補償内容は厳しくなってくることはご存知だと思います。

海外旅行保険の場合は、70歳を超えると加入すら出来なくなるのが一般的ですが、一部大手保険会社では年齢の上限を設けていないところもあります。

但し、引き受けてくれる保険会社でも69歳以下と70歳以上とではプランが異なってきます。

人生100年時代を海外で過ごされるアクティブシニアのあなたに、もしくは高齢のご両親を海外に呼ばれるあなたに、海外旅行保険69歳以下と70歳以上の内容を完全比較してご説明します!
続きを読む

更新拒否対策_海外滞在の命綱

海外での長期滞在に備えて、海外旅行保険を4年や5年の長期でご契約を希望される方が、特にシニア世代で増えています。

第二の人生を海外で、とお考えの日本人の方が増えていること。そしてやはり60歳を超えるとどんなに健康な方でも、病気になるリスクが大きくなってくることなどがその主な理由です。

しかし残念ながら、海外旅行保険はどんなに最長でも一度にご契約できる期間は2年まで。

そして使い過ぎれば、その後の延長・更新を断られる確率は非常に高くなります

海外での命綱である海外旅行保険。

少しでも延長・更新の拒否を防ぐ方法と、実際に延長・更新の拒否をされてしまった時の対処法をあなたにアドバイスします。
続きを読む

【アメリカ】最悪の医療保険!医療費負担で破産する前に必読!

2019年1月1日より、オバマケア未加入者に対する罰金が廃止となることは、あなたもご存知だと思います。

これで日本の海外旅行保険だけの加入でも済むようになるので、たくさんの日本人の方が待ち望んでいました。

また、罰金があるが故に海外旅行保険を諦めて、アメリカの医療保険だけにしていた方にとっても朗報です。

ですが、罰金が廃止と手放しで喜ぶ前に、来年度の医療保険の申請期間が間もなく始まるこのタイミングで、今一度アメリカ医療について考えてみましょう。
続きを読む

長期の海外旅行保険は、『格安』プランはありませんが『節約』は可能です。

ご相談をいただく中で良く聞かれるのが、治療費以外のあまり使わない特約を外して、少しでも保険料を安くしたいというもの。

短期の海外旅行と違って、何年も海外で過ごすのですから、ごもっともだと思います。

以前は、海外旅行保険は補償が決められたセットプランしか入れませんでした

でも朗報です。

治療費用などの大切な補償はそのままに、余計な特約を外して少しでも節約できるようになりました!
続きを読む