「事故」一覧ページ

この度の、台湾東部大地震被災者の皆様にお悔やみ申し上げます。

2018年2月7日、台湾東部花連市で起きた大地震

現時点(2018年2月9日時点)でも数名が死亡、日本人数名を含む200人以上が負傷かつ今でも100人以上が行方不明という大参事に。

亡くなられた方、お怪我をされた方においては、心からお悔やみ、早期回復をお祈りします

一般的に日本においては、傷害保険は敢えて特約を付帯させないと「地震・噴火・津波」による怪我は補償対象外となっています。生命保険も、実は同様なんです。但し、東日本大震災などの例では、特例で保険業界として、支払いを決定させてくれました。でも、特例です。

では、海外旅行保険はこのような場合にはどうなんでしょうか?
続きを読む

小さな子供さんとの海外生活、海外旅行保険フル活用編

K子さん35歳。

念願の子どもさん誕生に恵まれ、幸せな日々。長男のM太くんは現在2歳で、何にでも興味を示してあちこち触ったり動き回ったりで目が離せません!

そんなM太くんに振り回される毎日のK子さん、ご主人がシンガポール駐在となり、帯同して初海外生活です!心配なのはやんちゃ盛りのM太くん、、、。
続きを読む

海外での自転車事故にも、海外旅行保険で安心を

海外旅行ならレンタル自転車で観光地を回ることも良くありますね。

また海外で生活している方ならば、自転車で通退勤や通学をしている方も多いでしょう。中国などでは、乗り捨て自由のシェアサイクルがとっても便利で、多くの日本人も利用しているようです。
続きを読む

あっ、海外でスマホを落として破損!盗難!海外旅行保険で大丈夫。

海外でも、今やスマホ一台あれば行きたいところに行けますし、通訳にも困らない時代。

日本以上にスマホは大活躍ですね!

それだけに、頻繁に使うことで落としたりぶつけて壊してしまったり、水の中に落として使用不能!なんてケースも増えてきます。

また凶悪犯罪は少ない国でも、やはりスリなどの軽犯罪はどこも多いもの。観光客など絶好のカモ。
続きを読む

海外への単身赴任には、海外旅行保険は必須!

今や大手企業だけでなく、ベンチャー起業家や町の商店主だって海外に進出していく時代。

大手企業の駐在員であれば、海外現地でも大勢の仲間に囲まれていて、いざという時でも頼れる人も居るとは思いますが、

昨今では現地化とコスト削減のために日本人を削減し、1人2人の日本人のみ、というケースも散見されています。

ましてやベンチャー起業家に至っては、家族も帯同せず単身海外開拓に出ていく方も多いのでは無いでしょうか。
続きを読む