「クレジットカード」一覧ページ

在外邦人保護の為に、領事館が強く要望する在留届と海外旅行保険。

日々いろいろなご相談をいただく中で、深刻なお悩みは海外で一人暮らしをしている方からのご相談。

それは、万一自宅で意識不明で倒れてしまったら!

病院に搬送されても、意識不明では加入している海外旅行保険のことを、病院に伝えられない!

これ、確かにとても心配なもの。

今回は、そんなご心配に対するアドバイスを求め、上海の日本領事館へと相談に行ってきました!
続きを読む

高齢のご夫婦が、長期で入れる海外旅行保険を探している理由

Kさんご夫妻、共に71歳

Kさんが大手商社にご勤務されていた頃は、タイ・バンコクに27年も駐在していました。今では40歳を越えた子どもたちも、全員タイで日本人学校に通っていました。

そんなKさんご夫妻も、定年退職後は日本で過ごして早や6年。大好きだったタイには、何度かご夫婦で一週間程度の旅行はしていましたが、長期滞在がしたくてたまりません。

雑誌にタイの特集が出てくる度に、目をキラキラさせてご夫妻で読んでいます。

ただ心配なのは、70歳を超えると31日以上で加入できる海外旅行保険が見つからないことでした。
続きを読む

あなたはこんな勘違いをしていませんか?

勘違い①:海外旅行保険は、日本出国前でしか絶対に加入が出来ない!

勘違い②:海外現地で起業した、採用されたから、日本の海外旅行保険には入れない!

勘違い③:日本の海外旅行保険は、一部の特定病院でしか使えない!

勘違い④:意識不明などの緊急時、事前確認ができずに海外旅行保険が利用できないなら意味が無い!

勘違い⑤:クレジットカード付帯の海外旅行保険があるから大丈夫!

それではひとつずつ紐解いていきましょう。

続きを読む

日本を出国後90日以内のみの補償、それがクレカ付帯の落とし穴

この方はノンフィクション、実在する人物です、香港も含め中国にも投資用のマンションを持ち、年3分の1は世界中を旅しています。

私の住む上海に来られたときは、必ず一緒にお酒を飲んで世界中の話をしてくれます。ブログ記事にしたいと言ったところ快く承諾していただきました。

その方はノートパソコン一つで、世界中どこでも仕事ができるIさん40代、

現在は香港在住、現地で国際結婚もし、好きなときに好きな国で仕事をしている毎日です。羨ましいですね〜。収入だって、もちろん日本のサラリーマンが逆立ちしたって敵いません。

そんなIさんですから、世界を飛び回っていても、例えどの国で病気になったとしても、そんなことには備えようという気持ちもありませんでした。日本で作った数枚のプラチナカードにも、それなりの海外旅行保険が付いていることもわかっていたからです。

しかしそんなIさんが今回、わざわざ連絡をいただき日本の海外旅行保険にご加入してくれたんです。

その理由は何でしょうか?
続きを読む

クレジットカード付帯海外旅行保険の落とし穴。

全保険会社が赤字となっている海外旅行保険。

年々値上がりの一途!

ではそんな海外旅行保険を、クレジットカードに入会してくれた方に、どうして無料付帯することが出来るのでしょうか?そこにはいくつもの、カラクリがあるから出来ることなのです!

続きを読む

海外生活最高の安心とは?!治療救援費用無制限。

お車に乗られる方なら良く分かると思いますが、対人対物補償そして車に乗られる方の補償は無制限が今や当たり前。

では、海外旅行保険の治療救援費用ではどうでしょうか?

保険金支払いで一番高額になるのは「治療救援費用」!!何かがあった時!事故に巻き込まれた時!あなたのその後の人生に一番関わる保険がこの「治療救援費用」なんです!
続きを読む