「お子様」一覧ページ

海外で保険未加入の小さなお子様や、日本にいらっしゃる高齢のご両親が加害者になることも!

あなたご自身は常に注意をしていたとしても、小さなお子様が自転車でお年寄りや子供さんにぶつかってケガをさせてしまったら、、、。

高齢のご両親が認知症をわずらい、目を離したすきに徘徊し、お店などで商品などを壊してしまったら、、、。

そんなもしもに備えて海外旅行保険にも付いている、賠償責任特約(保険)が大きな安心です。
続きを読む

海外で子育てと仕事を両立させる安心とは?家族で海外に暮らすあなたへ

子供が学校から帰り、友達の家にひとりで遊びに行くことが当たり前の日本

青信号だから渡る、赤信号だから渡らない。

このあたり前の世界で生きていた私たちが、いざ海外に住むと驚きを隠せないでしょう!

青信号はとにかく注意しながら渡る!赤信号なのになぜ右から左から車が人が!!

子供だけでも海外旅行保険をかけることはできますか?

最近一番多いお問い合わせのお話です。

続きを読む

日本を出国後90日以内のみの補償、それがクレカ付帯の落とし穴

この方はノンフィクション、実在する人物です、香港も含め中国にも投資用のマンションを持ち、年3分の1は世界中を旅しています。

私の住む上海に来られたときは、必ず一緒にお酒を飲んで世界中の話をしてくれます。ブログ記事にしたいと言ったところ快く承諾していただきました。

その方はノートパソコン一つで、世界中どこでも仕事ができるIさん40代、

現在は香港在住、現地で国際結婚もし、好きなときに好きな国で仕事をしている毎日です。羨ましいですね〜。収入だって、もちろん日本のサラリーマンが逆立ちしたって敵いません。

そんなIさんですから、世界を飛び回っていても、例えどの国で病気になったとしても、そんなことには備えようという気持ちもありませんでした。日本で作った数枚のプラチナカードにも、それなりの海外旅行保険が付いていることもわかっていたからです。

しかしそんなIさんが今回、わざわざ連絡をいただき日本の海外旅行保険にご加入してくれたんです。

その理由は何でしょうか?
続きを読む

小さな子供さんとの海外生活、海外旅行保険フル活用編

K子さん35歳。

念願の子どもさん誕生に恵まれ、幸せな日々。長男のM太くんは現在2歳で、何にでも興味を示してあちこち触ったり動き回ったりで目が離せません!

そんなM太くんに振り回される毎日のK子さん、ご主人がシンガポール駐在となり、帯同して初海外生活です!心配なのはやんちゃ盛りのM太くん、、、。
続きを読む