あっ、海外でスマホを落として破損!盗難!海外旅行保険で大丈夫。

海外でも、今やスマホ一台あれば行きたいところに行けますし、通訳にも困らない時代。

日本以上にスマホは大活躍ですね!

それだけに、頻繁に使うことで落としたりぶつけて壊してしまったり、水の中に落として使用不能!なんてケースも増えてきます。

また凶悪犯罪は少ない国でも、やはりスリなどの軽犯罪はどこも多いもの。観光客など絶好のカモ。

高額なスマホは特に狙われがちです。

海外でビジネスをされている方なら、ノートパソコンを持ち歩いている際にぶつけたり、落として破損をすることも。

そんな時に威力を発揮するのが、

海外旅行保険で特約付帯できる「携行品損害特約」です!

携行品損害特約は、海外で携行品が盗難・破損・火災等の偶然な事故で受けた損害を補償

携行品とは、ご自身で持っている、もしくは日本出発前に他人から無償で借り、かつ携行するカメラやカバン、衣類などの身の回り品を言います。

借りたものは「無償」が条件のため、レンタル業者から借りたカメラやポケットWi-Fiを盗まれたり壊した場合は、「個人賠償特約」の対象となります。

但し、現金やクレカ・コンタクト・運動用具・仕事にだけ使用するものは対象外となります。

表題の通り、スマートフォンはもちろん対象

保険金は、修理代もしくは全損や盗難なら時価額となります。特に多いiPhoneの場合は、保険会社によって購入後何年でいくら、と決まっています。ちなみにある保険会社では、購入後2年経ったiPhone525,000円でした。

どんなに高額なものでも、一点最高10万円までの補償

この携行品損害特約、非常に使われる頻度が高く、またモラルリスクも高いため、一点最高10万円までの補償で、トータル限度額も30万円以内に全社留めています。保険会社によっては、過去に5回以上携行品損害保険金を利用した方は、以後一切契約引受をしないというところもあります。

ちなみにクレカ付帯の海外旅行保険の場合は、安易に何度も利用されないように、自己負担額を設定するケースが多いようです。

実際に事故にあったらどうするか

例えばスリや盗難に遭った場合は、現地で必ず被害届けを出してください。

破損であれば、修理見積りや修理代の領収書を。破損している状態がわかる写真を取っておくことも忘れずに。

ちなみに、単なる外観の損傷で機能に影響が無いケース(スマホの画面に少しひびが入った程度)は対象外です。

あとは、購入時の領収書などを求められるケースも多いですが、これは保管していない方も多いでしょう。その場合は、いつ頃いくらで買ったと申告すればOKです。

ちなみに、盗難は対象でも、置き忘れや紛失は対象外です。紛失したのか盗まれたのか分からなければ、念のため盗難届けは出しておいた方がいいと思いますよ。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

海外でも日本でも安心な、日本の海外旅行保険まとめ

  • 携行品損害特約は、携行品が盗難・破損・火災等の偶然な事故で受けた損害を補償
  • どんな高額な品でも、一点最高10万円までのみの補償
  • 実際に盗難にあったら盗難届けを、破損の場合は見積や写真を準備

※注意事項

このブログは、海外旅行保険についての概要・特徴を一般的に案内したものであり、保険会社によって適応できないこともございます。つきましては、実際のご契約・ご利用の場合には、その該当保険会社のパンフレット・重要事項説明書・約款等で詳細をご確認いただくようお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 全世界情報へにほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へにほんブログ村 海外生活ブログへ

海外に滞在したまま日本の海外旅行保険に加入できる!高額な海外の病院料金をあなたは知っていますか?

一時帰国不要で加入できる日本の海外旅行保険!

日本出国後に加入できる日本の海外旅行保険!

現地で生まれたお子様もすぐに加入可能!

外国人配偶者加入可能!

過去に保険を断られた方、ご相談ください!

世界中で、24時間365日の安心日本語対応!

もちろん帰国決定で月単位の返金対応!


一時帰国不要・海外旅行保険・詳しくはこちら

気に入っていただけましたら「いいね」を是非お願いします。

コメント

コメントを残す

*