海外で暮らす保険のお話し

長期の海外旅行保険は、『格安』プランはありませんが『節約』は可能です。

ご相談をいただく中で良く聞かれるのが、治療費以外のあまり使わない特約を外して、少しでも保険料を安くしたいというもの。

短期の海外旅行と違って、何年も海外で過ごすのですから、ごもっともだと思います。

以前は、海外旅行保険は補償が決められたセットプランしか入れませんでした

でも朗報です。

治療費用などの大切な補償はそのままに、余計な特約を外して少しでも節約できるようになりました!
続きを読む

日本で一人暮らしの父親。海外在住者のあなたは親の介護とどう向き合いますか?

オーストラリアで結婚し、既に20年在住のS子さん。

年に2回は一時帰国をして、実家で一人暮らす父を訪ねています。

S子さんは一人っ子。一昨年母親がガンで亡くなり、今一番の心配は日本で一人暮らす父親のことです。

『父はまだ66歳ですが、前回の帰国時には激しい物忘れや、時たま買い物で道に迷うことがあることなどを聞き、認知症の疑いを感じていました。』

見守り用のカメラを設置して、毎日声をかけるようにしましたが、日に日に訳がわからないことを言う回数が増えてきたとのこと….

S子さんは、お父様が重度の認知症にならないうちに、自分が暮らすオーストラリアに呼び寄せることにしました。
続きを読む

アメリカに在住、もしくはこれから在住予定のあなたへ

先月海外旅行保険にご加入いただいた、アメリカ在住のM美さんから一通のメールをいただきました。

そこには、住んでいる方にしか分からないアメリカ特有の医療事情のご苦労が綿々と記されており、日本の海外旅行保険に加入できたことで、今までの不快と苦労から解放されたかが書いてあります。

今回はM美さんの許可をいただき、「私の事例が、多くの在米日本人の方々にお役に立てれば何よりです。」とのM美さんのお言葉と共に、アメリカ医療の実情とご苦労をアメリカに在住、もしくはこれから在住予定のあなたにお伝えさせていただきます。
続きを読む

海外旅行保険、知ってて得する便利な利用法5つ。

海外で生活する日本人にとって、大きな安心が手に入る日本の海外旅行保険。

最大の理由はキャッシュレスでの治療救援費用が利用できることですが、知ってて得する便利な利用法が5つあります。
①治療費用の便利な隠れ技
②歯科治療も全てが☓ではない
③検査でも対象となるケース
④3日以上の入院なら、日本から親族が駆けつける費用が出る
⑤キャッシュレス以外の保険金を、海外現地で受け取る方法

これらの5つ。ちょっとしたことではありますが、知っていれば海外旅行保険を更にお得にご利用できます。
続きを読む

中国在住のあなたなら必見!中国に居る日本人医療事情!

世界中でアメリカに次いでたくさんの日本人が滞在しているのが、私も年間の半分以上ビジネスで滞在する中国

海外旅行保険に加入している私達日本人が、実際に中国で病気やケガの際に現地でサポートをしてくれている、中国の医療アシストサービス会社に実情をインタビューしてきました。

風邪や発熱程度の軽いものから、緊急移送や遺体搬送なども手がける中国現地の医療アシストサービス会社の方から聞いた現実。

生々しい事実を聞けば、海外旅行保険の有り難さ、はたまた海外現地での領事館の有り難さも改めてよ〜く分かりました!
続きを読む

保険の比較サイトでは、単純な保険料の比較しか分かりません!

保険の比較サイトは「海外旅行保険」で検索するとたくさん出てきます。おそらく検索結果の上位を占めるのではないでしょうか?

しかし、そこから見えるのは単純な保険料の比較と一部の特約の有り無しや提携病院程度。私ども海外で長期滞在する日本人にとって重要な比較が分かりません。結果、無駄な問い合わせに終わってしまうケースも。

その重要な比較とは、加入条件と告知内容です。加入が出来ない保険なら、いくら価格や加入後の内容を比較しても意味が無いからです。
続きを読む

日本快進撃中!ワールドカップ2018開催国、ロシアの医療事情。

ワールドカップ2018。日本は初戦コロンビアに勝利し、第二戦のセネガルにも引き分けに追いつくという大善戦!

28日のポーランド戦にて、何としても決勝トーナメント出場を果たしてもらいたいものです!!

今回の開催国ロシア。日本人サポーターも1万人以上が渡航されたようです。

日頃は北方領土問題くらいしか意識をしない方も多いかもしれませんが、この機会にロシアの医療事情や、現地でサポーターの皆さんが気を付けていただきたい事故や病気を解説します!
続きを読む