海外で暮らす保険のお話し

持病を持っているあなたにだけ、こっそり教える賢い海外旅行保険の入り方

長年痛風を患っているOさん

年に少なくとも3回は痛風の発作に襲われ、正に風が吹いても激痛を感じるほどの痛みに、、、。

松葉づえを使わなければ、会社に出勤出来ないくらい痛いこともしばしば、、、。

そんなOさんに、ベトナムの駐在辞令が出ました。会社から駐在用の海外旅行保険費用を負担するとは言われたものの
続きを読む

クレジットカード付帯海外旅行保険の落とし穴。

全保険会社が赤字となっている海外旅行保険。

年々値上がりの一途!

ではそんな海外旅行保険を、クレジットカードに入会してくれた方に、どうして無料付帯することが出来るのでしょうか?そこにはいくつもの、カラクリがあるから出来ることなのです!

続きを読む

この度の、台湾東部大地震被災者の皆様にお悔やみ申し上げます。

2018年2月7日、台湾東部花連市で起きた大地震

現時点(2018年2月9日時点)でも数名が死亡、日本人数名を含む200人以上が負傷かつ今でも100人以上が行方不明という大参事に。

亡くなられた方、お怪我をされた方においては、心からお悔やみ、早期回復をお祈りします

一般的に日本においては、傷害保険は敢えて特約を付帯させないと「地震・噴火・津波」による怪我は補償対象外となっています。生命保険も、実は同様なんです。但し、東日本大震災などの例では、特例で保険業界として、支払いを決定させてくれました。でも、特例です。

では、海外旅行保険はこのような場合にはどうなんでしょうか?
続きを読む

海外滞在中のあなたが、今でも海外旅行保険に加入していない9の理由(ワケ)。(多分全ての方がどれかに当てはまります)

海外に旅立つと決めた日から、海外旅行保険の必要性はみなさん分かっていると思います。

2015年10月の統計では、全世界に130万人以上の日本国籍の方が海外に長期在住短期の出張や旅行を合わせれば、その数は計り知れません

でも、短期出張や旅行を除いた長期海外在住者の日本人の方々の、海外旅行保険加入率はおよそ7割弱とのこと。ということは、これだけ海外生活に不可欠だとみなさんが分かっている海外旅行保険に、残りの40万人の方々が未加入な理由(ワケ)は一体
続きを読む

あなたの会社では、海外での業務上の賠償保険本当に付いてますか?

昨今、海外に進出していく日本企業はどんどん増えています。

以前は大企業がメインでしたが、最近ではいわゆる中小零細企業の海外進出も目覚ましいものです。また業態も製造業からサービス業へとシフトしており、海外に駐在する人数も小規模な場合が増えています。

ですから、大企業であれば現地の法務から財務や政治動向などを専門にリサーチする部署が揃っていますが、中小零細企業では中々万全な体制を敷くのは大変なもの。だからこそ、そのような中小零細企業の海外進出には万一の際の保険が非常に重要になってきます。

ところが、海外に進出する企業の海外での保険対策は、駐在員の海外旅行保険程度であることも散見されます。果たしてそれでいいのでしょうか。
続きを読む