歯の治療は適用外!虫歯予防をしたいなら、食べてすぐに歯を磨いてはいけない。

あなたは子供の頃、お母さんから「ご飯を食べたら、すぐに歯を磨かないと虫歯になるわよ!」と言われませんでしたか?

幼稚園や小学校の時も、先生から「給食やお弁当を食べたら、みなさんすぐに歯を磨きましょうね!」と言われませんでしたか?

海外旅行保険は、歯の治療は適用外(ケガの場合はOK)なので、私もいつも歯磨きを食後すぐにやっていました。

しかし、今の常識はそうでは無いようです。

「えっ、そんなこと聞いたこと無い!」あなたもそう思ったことでしょう。

それでは、今と昔の歯磨きの常識の違いをご案内します!(TBSテレビ・この差って何ですか?より)

歯磨きは、食後30分以上経ってから

歯磨きは、食後30分以上経ってからするのが良いそうです。

以前は「食後3分以内、1日3回の歯磨き」が推奨されていることもありましたが、今の常識では、食後すぐに歯磨きをするのは良くないとされているようです。

果たしてその理由は?

食後すぐの口の中は酸性状態になっていて、虫歯が細かく出来ています

ちなみに「虫歯」とは、酸によって歯が溶かされる病気のこと。

しかし、しばらくすると唾液が酸性状態を中和してそれ以上虫歯になるのを防ぎ、更に唾液に含まれるカルシウムなどが細かく出来た穴を埋める働きをします。

そのため、食後すぐに歯磨きをしてしまうと、唾液が虫歯の穴を埋める働きを妨害してしまうそうです。

ですから、酸性状態が中和されて元の状態に戻る、食後30分以上経ってから歯磨きをするのがいいそうです。

ああ、今までの人生、ずっと間違った方法で歯磨きをしていたなんて、、、。

歯を磨いたあと、口をしっかりゆすいではいけない

口はあまりゆすぎ過ぎると薬用成分が流れてしまいます。

更にショックなことに、今の常識では歯磨き後口をゆすぎ過ぎるのは良くないとされているそうです。

歯磨き粉の宣伝では、「フッ素入り」や、歯槽膿漏を防ぐ「薬用成分入り」のものがたくさん見られますが、口をゆすぎ過ぎるとこれらの成分を洗い流してしまうそうです。

そのため、口は1回ゆすぐだけで充分で、歯磨き粉の味が口に残るくらいの方が良いそうです。

歯磨きをする時は、歯ブラシは水に濡らさない

歯ブラシは、濡らさずに磨く方が良いそうです。

これは、シャンプーなどの場合とは真逆。

シャンプーをする時は、先に頭皮を濡らしてしっかりと泡立てますが、歯磨きの場合は歯ブラシを濡らすことで泡が立ちすぎ、少し磨いただけで磨いたつもりになってしまうからだとのこと。

その結果、歯に汚れが残ってしまうのだそうです。

歯ブラシを濡らした場合と濡らさない場合で、「充分磨けた」と感じる時間を調査したところ、濡らした場合は57秒濡らさない場合は2分46秒で、およそ3倍もの時間が掛かったというデータもあるそうです。

その後歯の汚れを赤く染める液体で磨き残しチェックをしたところ、汚れの落ち方には大きな差があったとのことでした。

私は、全て間違った方法で今までずっと歯磨きをしていました。あなたはいかがでしたか?

歯の病気は、どんなに健康な方でもいつなってもおかしく無いもの。

是非今日からは、正しい歯磨きの方法で虫歯や歯周病などをキッチリと予防して行きましょう!

※参考記事

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

海外でも日本でも安心な、日本の海外旅行保険まとめ

  • 歯磨きは、唾液が虫歯を修復して酸性状態が中和される食後30分以上経ってから行いましょう。
  • 歯磨き後は、フッ素などの薬用成分を洗い流さないためゆすぎは1回程度にしておきましょう。
  • 歯磨きの際は、歯ブラシは濡らさずにしっかりと汚れが落ちるまで磨きましょう。

※注意事項

このブログは、海外旅行保険についての概要・特徴を一般的に案内したものであり、保険会社によって適応できないこともございます。つきましては、実際のご契約・ご利用の場合には、その該当保険会社のパンフレット・重要事項説明書・約款等で詳細をご確認いただくようお願いします。

記事一覧_海外旅行保険のブログ

にほんブログ村 海外生活ブログ 全世界情報へにほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へにほんブログ村 海外生活ブログへ

海外に滞在したまま日本の海外旅行保険に加入できる!高額な海外の病院料金をあなたは知っていますか?

一時帰国不要で加入できる日本の海外旅行保険!

日本出国後に加入できる日本の海外旅行保険!

現地で生まれたお子様もすぐに加入可能!

外国人配偶者加入可能!

過去に保険を断られた方、ご相談ください!

世界中で、24時間365日の安心日本語対応!

もちろん帰国決定で月単位の返金対応!


一時帰国不要・海外旅行保険・詳しくはこちら

気に入っていただけましたら「いいね」を是非お願いします。

コメントを残す

*