フライト前の病気・ケガ!自己都合でのキャンセル料も保険対象となるケース完全解説

海外旅行保険では、天候や航空会社の都合による6時間以上のフライトの延期・欠航は、「航空機遅延補償」によりそれを理由にかかった宿泊代や食事代などが、2万円を上限に補償されます。

では、病気や怪我などによる自己都合で、予定していたフライトをキャンセルして取り直した場合、どのようなケースならエアーのキャンセル代や余分にかかった宿泊代などが補償されるのでしょうか?

また、それはどんな特約を付けていれば対象となるのでしょう。

病気やけがなどによるフライトキャンセルなどが、保険適用になる場合とならない場合の完全解説です。

ポイントは、治療行為が物理的にフライトに影響を及ぼすかどうか

医師より予定のフライトには乗らないようアドバイスがあれば、キャンセル料は保険の対象。

フライト直前に起きた体調不良や病気、ケガが、早急に治療行為を必要として、その結果医師の診断でフライトを延期するようにアドバイスがあった場合や、その治療を行ったことで物理的(時間的)にフライトに影響を及ぼした際は、それによってキャンセルや延期したフライト代保険でカバーが可能です。

ちょっと分かりづらいですね。実例で解説しましょう。

保険対象ケース①:海外滞在中に麻しんにかかり、医師から5日間の外出を控えるように言われたSさん

麻しんで5日間ほど外出禁止。

Sさんはフライト3日前、急な発熱や発疹などで病院へ。

麻しんと診断され、医師からは5日間くらいは外出は避けるようにアドバイスをされました。

これはもちろん、予定していたフライトをキャンセルして予約をし直した費用は対象となりました。

保険対象ケース②:空港へ行く途中、乗っていたタクシーが事故でむち打ちになったAさん

乗っていたタクシーが事故でむちうちに。

夜8時羽田発シアトル行きのフライトに搭乗するため、自宅からタクシーに乗ったAさん。

その途中で乗っていたタクシーが、別の乗用車と事故を起こしました。

衝撃で首を軽いむち打ちに。

フライトの時間もあり、我慢も出来なくはありませんでしたが、後々のことも考えすぐに病院へ。

このようなケースでフライトをキャンセルして取り直した費用は、治療行為は避けられないとして保険適用となりました。

保険対象ケース①:フィリピン出張から戻る前日、貧血で倒れたNさん

フィリピン出張中に貧血で倒れて病院へ。

フィリピンへ2泊3日の出張をしたNさん。

出張2日目に取引先へ訪問する途中で、Nさんは貧血でフラフラになり倒れてしまいました。

そのまま現地のクリニックへ。

点滴を打ってその夜宿泊先のホテルへと戻りました。医師からは、しばらく横になって安静にしていれば大丈夫だろうと。

翌日が日本に戻る日でしたが、上司の判断で大事を取って1日延期することとしました。

このケースでは、保険は適用とはなりませんでした。

上司の判断だからです。

その他、フライトの予定日に風邪が治らず病院へ。予想以上に混んでいたために搭乗予定時刻に間に合わなかったなども、キャンセル費用は保険対象とはなりません

必ずしも、フライトを変更してまで治療が必要だったとはみなされないからです。

必要な治療行為によって対象となるキャンセル費用は、治療救援者費用特約から

海外旅行保険の約款では、必要な治療によるフライトキャンセルなどは保険の対象とあります。

某保険会社約款より〜治療救援費用担保特約〜
被保険者が、保険期間中に被った傷害、発病した疾病により治療を必要とした場合、その結果当初の旅行行程を離脱した場合において、次に掲げるいずれかの費用のうち被保険者が現実に支出した金額を補償する。但し払い戻しを受けた金額または被保険者が負担することを予定していた金額は費用から控除する。
ア,被保険者が当初の旅行行程に復帰するための交通費および宿泊費
イ,被保険者が直接帰国するための交通費および宿泊費
※日本国外に居住している被保険者が、その居住地の属する国へ直接帰国するための交通費および宿泊費を含みます。

このように、病気やケガなどの自己都合のフライトキャンセルや延期などは、治療救援費用の一貫として必要な場合には保険の対象となるのです。

ですから、航空機遅延と違ってフライトの延期された時間などは全く関係ありません。治療行為が必要であったのかどうか、そしてその治療行為や症状が、物理的にフライトに影響したかどうかで対象となるかどうかが判断される、ということなのです。

フライト中は、気圧の変化や同じ態勢を長時間強いられることなどから、健康な時でも体調の急変には注意が必要です。

少しでも異変を感じたのであれば、まずはサポートデスクや担当者の方に相談をして、無理をしないことも大切ですね。
※参考記事

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

海外でも日本でも安心な、日本の海外旅行保険まとめ

  • 病気やケガによって予定していたフライトをキャンセルしたり延期した場合の費用は、その治療の必要性や医師の診断、フライトを延期する物理的な条件で判断されます。
  • 事故によるケガや一定の隔離を必要とする病気の場合には、もちろん延期に伴う費用は対象ですが、自己判断による様子見などでは難しいでしょう。
  • 保険適用の場合は、治療救援費用からの対象となりますので、航空機遅延補償を付けてないプランでもご利用が可能です。

※注意事項

このブログは、海外旅行保険についての概要・特徴を一般的に案内したものであり、保険会社によって適応できないこともございます。つきましては、実際のご契約・ご利用の場合には、その該当保険会社のパンフレット・重要事項説明書・約款等で詳細をご確認いただくようお願いします。




一時帰国不要
日本の海外旅行保険

日本出国後!現地で生まれたお子様!外国人配偶者!過去に保険を断られた!ご相談ください。

世界中で、24時間365日の安心日本語対応!
もちろん帰国決定で月単位の返金対応!




ABOUTこの記事をかいた人

総合保険代理店株式会社「セーブユー」 代表・| 中国上海グループ会社「上海勢武優文化伝播有限公司」代表|真に役立つ保険の普及と、適切な助言や情報を提供することで人々に貢献すること。保険のプロが教える・知って得するブログ運営者