海外赴任中のうつ病リスク、やっぱり海外旅行保険は大事

日本では既に100万人を突破したと言われる「うつ病」

それでもまだ、4人に3人は未受診であろうという中でのこの数字です。

自殺理由の約半数を占めるとも言われる「うつ病」という現代病ですが、その発症の要因の大きな一つが「環境要因から受ける心理的ストレス」です。

海外への赴任は、正に本人にとっても帯同するご家族にとっても、環境要因から受ける心理的なストレスはとても大きなものと言えるでしょう!

会社からの突然の海外赴任辞令。不慣れな環境、言葉の壁、そして共に働くメンバーとの文化の違い、日本本社の現地への理解不足などから起きる精神的なストレスはとても大きなもの。

憧れの海外赴任に胸をワクワクさせて赴任をするも、半年も経った頃が一番心労は募るようです。

最近では経費節減や現地化と称して、日本人の海外赴任者は減っていく傾向で、より一層海外でのビジネスや生活の環境には孤独感や負担を感じる方が多いようです。

海外赴任へ帯同するご家族の不安やストレス!

海外生活の家族のストレス

本人はまだ使命感や仕事のやりがいなどで気も紛らすことが出来ますが、もっと大変なのはそんなご主人に帯同して一緒に海外で生活するご家族であることも忘れてはなりません。

活動的で、すぐにどんな地域でも誰とでも馴染むことが出来るご家族なら心配ありませんが、

なかなか近所の方々や学校の友達と打ち解けられない場合や、

もしくはある駐在員の奥様の話では大手企業で海外赴任者の多い会社だそうですが、

それが逆に地域で日本人ご家族同士のつきあいのしばりが強く、上司の奥様に取り入れられないと村八分にされるのでそれが逆につらい、

なんてドラマのような話も耳にします。

海外生活で塞ぎ込んだり気持ちが晴れず体調不良な場合は即病院で診察を

そのような中、体調に異変を感じたら、すぐに気軽に病院で診察を受けられるのも海外旅行保険があってこそです。

日頃日本人と話す機会の少ない場所でも、まずはコールセンターが24時間365日、日本語で医療相談に乗ってくれます。

誰かと話す、そんなことだけでも気分がすっきりすることも多々あります。

海外では、駐在員のうつ病による自殺も頻繁に発生している

日本では先進国の中で高い自殺者数がよく取り沙汰されますが、実は海外赴任中にうつ病などによる自殺も頻繁に発生しています。

ただでさえ水や空気の違いで体調が悪くなりがちの海外。自分の不調は単にそんなことが理由だろうと、病院から足が遠ざかるのは良くありません。

外国人向けのクリニックは非常に高額ですが、そんな時でも海外旅行保険は安心のキャッシュレスです。

ちょっと以前と違う、精神的に塞ぎ込みやすくなって体調も悪い。そんな時はとにかく病院で診察を受けてみてください。

薬がいいとか悪いとかよりも、誰かと話し、客観的に見てもらうことで自分では気付かぬ異変に気付けたりするものです。

自殺は生命保険と違って絶対に海外旅行保険支払いの対象とはなりませんので、ご参考まで。
※参考資料

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

海外でも日本でも安心な、日本の海外旅行保険まとめ

  • うつの大きな原因である環境要因から受ける心理的なストレスは、海外赴任時には増大
  • 帯同するご家族の不安やストレスも考えて!
  • 海外旅行保険で、体調の変化に気付いたら即受診が早期発見につながる
にほんブログ村 海外生活ブログ 全世界情報へにほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へにほんブログ村 海外生活ブログへ

海外に滞在したまま日本の海外旅行保険に加入できる!高額な海外の病院料金をあなたは知っていますか?

一時帰国不要で加入できる日本の海外旅行保険!

日本出国後に加入できる日本の海外旅行保険!

現地で生まれたお子様もすぐに加入可能!

外国人配偶者加入可能!

過去に保険を断られた方、ご相談ください!

世界中で、24時間365日の安心日本語対応!

もちろん帰国決定で月単位の返金対応!


一時帰国不要・海外旅行保険・詳しくはこちら

気に入っていただけましたら「いいね」を是非お願いします。

コメント

コメントを残す

*