一時帰国_危険な暑さが続く日本!あなたの海外旅行保険が日本でも使えることをお忘れなく!

今年の日本の夏。

大豪雨にゲリラ雷雨。台風も頻発し、また東から西への逆走など、本当に大変なことになっています。

そして何よりも「命に関わる危険な暑さ」!が連日続いていることです。

私も7月末に日本一時帰国をしていましたが、10分程度の外出でフラフラしてくる日が何日もありました。

もうじきお盆

長期で海外生活をされていらっしゃる日本人の皆さんが、大勢一時帰国をされると思いますが、異常な猛暑の日本だって海外旅行保険が不安を解消します!

今年の猛暑による熱中症は、もはや災害

日本では7月だけで5万人以上が熱中症で搬送されています。

猛暑の日々が続き、観測史上初めてという暑さになる地域もあちこちで発生しています。

熱中症で搬送された方は、4月から8月7日までで7万人以上。何と7月の一ヶ月間だけで5万人!過去最高だそうです。これはもはや災害です。

熱中症による死亡も多発。テレビでは、連日「命に関わる危険な暑さ」と声高に言っています。

ところで熱中症は、保険の対象になるのでしょうか?

海外旅行保険なら、熱中症での通院や入院に対応

海外旅行保険は、熱中症による通院や入院を補償します。

生命保険は、熱中症による死亡もしくは入院時のみOK

傷害保険の場合には、契約時に熱中症特約を付けていれば入院・通院・死亡時にもOKですが、果たしてそれらが契約時に説明されているのでしょうか?

一方海外旅行保険は、熱中症による通院でも入院でも、死亡でも全て補償対象となります。

あなたの海外旅行保険が3ヶ月以上の長期プランであれば日本一時帰国中も補償対象となります(クレジットカード付帯の海外旅行保険には、この補償はありません)。

特に、既に日本の健康保険を脱退されていらっしゃる方には、大きな安心と言えるでしょう。

現在海外にいらっしゃって、日本の海外旅行保険にご加入されてなければ、お盆の一時帰国前にご加入を検討されてもいいと思います。

今年の暑さは、日本以外の国でも異常事態

今年の異常な高温は、世界中で観測されており、山火事も多発しています。

8月4日に、スペインとポルトガルでは気温46度超を記録。

フランスでは冷却水として使う川の水温が上昇し、複数の原子力発電所で原子炉の運転が一時的に止められました

アメリカでも、7月にロサンゼルスで47度の最高記録。カリフォルニア・デスバレーでも4日連続で53度という気温が続き、何と一ヶ月の平均気温42.3度という想像を絶する高温を記録しました。

ニューヨークでも熱波注意報が頻繁に発令。それ以外の各所でも、高温・少雨の影響で山火事も多発しています。

カナダでは熱波による死者が、ケベック州だけでも70人を上回りました。

アフリカでも北極圏でも、異常な暑さとなっています。

世界中で使える日本の海外旅行保険は、もはや必須アイテムなのかも知れません。
※参考記事



最後までお読みいただき、ありがとうございました!

海外でも日本でも安心な、日本の海外旅行保険まとめ

  • 今年の日本の猛暑は「命に関わる危険な暑さ」。お盆一時帰国に海外旅行保険が安心となります。
  • 3ヶ月以上の長期海外旅行保険なら、日本一時帰国中も補償します。今ご加入中ならお忘れなく。未加入の方は帰国前にご検討を。
  • 今年の猛暑は日本以外の世界中でも起きています。だからこそ、世界中で利用できる日本の海外旅行保険が必須かもしれません。

※注意事項

このブログは、海外旅行保険についての概要・特徴を一般的に案内したものであり、保険会社によって適応できないこともございます。つきましては、実際のご契約・ご利用の場合には、その該当保険会社のパンフレット・重要事項説明書・約款等で詳細をご確認いただくようお願いします。

記事一覧_海外旅行保険のブログ

みんなのオープンスペース

にほんブログ村 海外生活ブログ 全世界情報へにほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へにほんブログ村 海外生活ブログへ

海外に滞在したまま日本の海外旅行保険に加入できる!高額な海外の病院料金をあなたは知っていますか?

一時帰国不要で加入できる日本の海外旅行保険!

日本出国後に加入できる日本の海外旅行保険!

現地で生まれたお子様もすぐに加入可能!

外国人配偶者加入可能!

過去に保険を断られた方、ご相談ください!

世界中で、24時間365日の安心日本語対応!

もちろん帰国決定で月単位の返金対応!


一時帰国不要・海外旅行保険・詳しくはこちら

気に入っていただけましたら「いいね」を是非お願いします。