支払い保険金による、世界で最も危険な10カ国!1位はタイ国

英国の保険会社エンズリーは、2017年度の旅行保険の支払い保険金による、世界で最も危険な観光国10カ国の番付を作成しました。

その発表によると、最も危険な国はタイ。そして第2位がチリとアメリカだそうです!

タイの危険な状況、そして番付入りしたその他の7つの国をご紹介します!

2017年度エンズリー社・旅行保険の支払いは23%がタイで発生!

プーケットでは水上活動による傷害事故が多発しています。

タイでは、6月には13人の少年たちが洞窟に閉じ込められたり、7月にはプーケット沖で観光船が沈没し40人以上の中国人が亡くなるなど、最近でも様々な事故が起きています。

世界中で発生する保険金支払いの約4分の1もが発生する、不名誉な番付トップになったタイ。

その一番の要因は、「交通事故」「水上活動による傷害事故」が多発していることです。

「水上活動による傷害事故」とは、海で溺れたり、マリンスポーツ中のケガ、また観光船の転覆事故など。

昨年は、中国人だけでも一年間で49人も溺れて亡くなっているそうです。

WHOの発表では、東南アジアの中でタイが交通事故ナンバーワン

タイは東南アジアの中で、交通事故による死亡がトップ!

タイでは、10万人中38.1人が交通事故による死亡東南アジアの中で最多だそうです。

バンコク以外の都市や観光地は公共交通機関がまだ発達しておらず、レンタカーが多くの観光客の交通手段。

一方、タイの観光地には凸凹の激しい道が多いため、観光客が交通事故に遭う原因となっています。

その他、スリや強盗・テロなども頻繁に起こり、海外旅行保険の利用頻度アップにつながっています。

危険な観光国番付、その他の国々

番付にランクインした、危険な観光国。

保険金支払トップのタイが全体の23%。それに次いで2位はチリとアメリカでそれぞれ15%となっています。

このほかランクインしたのは、スペイン(8%)、ドイツ(8%)、フランス(7%)、ネパール、ペルー、バハマ、ブラジルと続きました。

スペインやフランスでは、スリによる保険請求がかなり多いそうです。

これらの観光国にご旅行の際には、やっぱり海外旅行保険が不可欠と言えます。

しかしそれにしても、タイがこんなに危険な国だったとは私も驚いています。

そう言えば昨年、私もタイに旅行した際にゾウの背中に乗って遊覧中、茂みの中で多数のアリに噛みつかれて病院に行ったのを思い出しました、、、。
※参考記事



最後までお読みいただき、ありがとうございました!

海外でも日本でも安心な、日本の海外旅行保険まとめ

  • 英国の保険会社による、最も危険な観光国の番付トップはタイです!
  • タイでは、交通事故と水上活動による傷害事故が多発しているのが原因。
  • その他2位がチリとアメリカ、そしてスペイン、ドイツ、フランス、ネパール、ペルー、バハマ、ブラジルがランクインしました。

 

※注意事項

このブログは、海外旅行保険についての概要・特徴を一般的に案内したものであり、保険会社によって適応できないこともございます。つきましては、実際のご契約・ご利用の場合には、その該当保険会社のパンフレット・重要事項説明書・約款等で詳細をご確認いただくようお願いします。

記事一覧_海外旅行保険のブログ

にほんブログ村 海外生活ブログ 全世界情報へにほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へにほんブログ村 海外生活ブログへ

海外に滞在したまま日本の海外旅行保険に加入できる!高額な海外の病院料金をあなたは知っていますか?

一時帰国不要で加入できる日本の海外旅行保険!

日本出国後に加入できる日本の海外旅行保険!

現地で生まれたお子様もすぐに加入可能!

外国人配偶者加入可能!

過去に保険を断られた方、ご相談ください!

世界中で、24時間365日の安心日本語対応!

もちろん帰国決定で月単位の返金対応!


一時帰国不要・海外旅行保険・詳しくはこちら

気に入っていただけましたら「いいね」を是非お願いします。

コメントを残す

*