在外邦人保護の為に、領事館が強く要望する在留届と海外旅行保険。

日々いろいろなご相談をいただく中で、深刻なお悩みは海外で一人暮らしをしている方からのご相談。

それは、万一自宅で意識不明で倒れてしまったら!

病院に搬送されても、意識不明では加入している海外旅行保険のことを、病院に伝えられない!

これ、確かにとても心配なもの。

今回は、そんなご心配に対するアドバイスを求め、上海の日本領事館へと相談に行ってきました!

とにかく在留届と海外旅行保険への加入をして欲しい!

外務省のオンライン在留届なら、手続きも簡単で便利です。

「確かに、病院や公安から緊急で運びこまれた方や遺体として発見された場合に、見た目が日本人だと思われると領事館へ問合せがあります。」

冒頭からこんな恐ろしい言葉が、、、。

でも、在留届すら出していただけていないと、調べようが無いんです。また、パスポートがあったとしても、取得した時の情報が古いままだと、ご家族の連絡先等も調べられません。

在留届は、3ヶ月以上渡航される場合には提出が義務付けられています。ネットでも簡単にできるもの。

にもかかわらず、意外に届けをされていない方は多いようです。

在留届けさえ最新の情報で更新していれば、領事館への問合せで判明することも可能になります。

万一遺体となった場合には、届けが無ければ外務省の権限にて戸籍の調査を行うこともあるそうです。

入院や手術の際も領事館では苦悩があります

国によっては入院や手術の際には同意書の署名と保証金が必要となります。

「海外での邦人の保護が責務の領事館とは言え、なんでもしてあげられる訳では無いのが辛いところです、、、」

というのも、中国では入院や手術の際には本人かご家族の同意書と、デポジット(保証金)が必要となります。でもこの2つだけは、絶対に領事館では対応出来ない決まりになっています。

つまり、本人が意識不明ならご親族に必ず連絡を取って呼ばなければなりません

また高額の保証金に備えた海外旅行保険は絶対に必須となります。

「重病や重傷の時ほど領事館として支援をしてあげたいのですが、だからこそ在留届と海外旅行保険だけは、絶対にお願いしたいところです。尚、クレジットカードに付帯されている海外旅行保険では、効果的なケースが殆どありませんでした。証券も無いので、持ち歩くことも出来ません。」

特にMビザで繰り返し訪れる高齢の方は、殆ど通常の海外旅行保険には入っていらっしゃらないようです。

「とにかく最低でも海外旅行保険だけはご加入いただき、常に証券は持ち歩いてください。また、ご家族や職場の方とも保険の情報は共有していただきたいと思います。」

最後まで繰り返し強調をされていました。

私からは、在留届の記載事項に、希望者だけ海外旅行保険の情報を入れられるようにしたらどうかとお願いしました。ご検討いただけるようです。

その他考えられる対策3つ

会社勤めでは無く、お一人で暮らしていらっしゃる場合、できれば近所に「毎日同じ時間チャット等で連絡を取り合える方」を探すといいでしょう。

私も、チャットを送っても返信が無い場合にはお互いに訪ね合う仲間を作っています。

かかりつけ医を作ることも、体調の変化に早く気付けるために重要です。

あとは、自衛隊や米軍が首から下げている、自分の身元や血液型、緊急連絡先が書かれたペンダントもあると便利です。私も最近購入しました。

以上、今回は特に海外で一人暮らしをしている方に向けての内容でした。

あなたも、在留届と海外旅行保険だけは、絶対に忘れないでくださいね!
※参考記事

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

海外でも日本でも安心な、日本の海外旅行保険まとめ

  • 領事館より、「在留届は出来る限りお願いします。そうでなければ、緊急の問合せにも対応が出来ないからです。」
  • 国によって、入院や手術の際には同意書の署名とデポジットが必要となります。それは領事館では絶対代行出来ないため、海外旅行保険も必須です。
  • その他海外で一人暮らしの方は、毎日連絡を取り合う方を決める、かかりつけ医を決める、身元ペンダントを下げるなどの対策もいいかもしれません。

※注意事項

このブログは、海外旅行保険についての概要・特徴を一般的に案内したものであり、保険会社によって適応できないこともございます。つきましては、実際のご契約・ご利用の場合には、その該当保険会社のパンフレット・重要事項説明書・約款等で詳細をご確認いただくようお願いします。




一時帰国不要
日本の海外旅行保険

日本出国後!現地で生まれたお子様!外国人配偶者!過去に保険を断られた!ご相談ください。

世界中で、24時間365日の安心日本語対応!
もちろん帰国決定で月単位の返金対応!




ABOUTこの記事をかいた人

総合保険代理店株式会社「セーブユー」 代表・| 中国上海グループ会社「上海勢武優文化伝播有限公司」代表|真に役立つ保険の普及と、適切な助言や情報を提供することで人々に貢献すること。保険のプロが教える・知って得するブログ運営者