持病には海外旅行保険は使えませんが、持病が原因で重症化された新型肺炎の治療費は?

新型肺炎は、高齢者そして持病を持っている場合に重症化しやすい

海外旅行保険は、加入前に発病している既往症や慢性病などの持病については保険適用とはなりません。

KOSAKAI
しかし最近では、補償対象では無いことを承知の上で、持病や慢性病を持っている方からの保険加入が大変増えています。

新型肺炎は、持病のある方が重症化される可能性が非常に高いからです。

死者1023人のうち大半は何らかの持病を持っており、60歳以上が829人を占めた。

【患者の持病ごとの致死率】
▽心疾患10.5%
▽糖尿病7.3%
▽慢性呼吸器疾患6.3%
▽高血圧6%
▽がん5.6%

持病がない人の致死率0.9%を大きく上回った。

〜毎日新聞・2月20日記事より〜

KOSAKAI
いいですか皆さん、もしあなたが新型肺炎に掛かり、持病が原因で重症化されても、新型肺炎の治療費は保険適用となります。

保険の対象にはならない持病も同時に悪化していたら、全く保険が使えないのでは、と不安を感じませんか?

KOSAKAI
決してそんなことはありません。持病の悪化と新型肺炎が同時になってしまった場合ですが、どちらにも共通でかかる初診料などの費用は保険の適用ができます。

後は治療に使用する薬剤や、処方される薬によって、どちらの費用であるかを審査し、持病分を除いて保険適用となります。

持病のある方にこそ、今こそ海外旅行保険が重要である理由はこれだけではありません。

海外での万一の際の費用は、原因を問わず保険から支払われます

海外旅行保険は、加入前にかかっている病気やケガの治療費は保険の対象にはなりません。

しかし万が一、加入前にかかっている病気や持病、ケガが原因でお亡くなりになった場合は、「遺体処理費用」や日本までの「遺体搬送費用」は、保険適用になるということをあなたはご存知でしたか?

死亡保険金については、無免許運転や自殺など、支払いの対象にならない場合もありますが、上記の「遺体処理費用」や「搬送費用」などは、持病が原因のような事例でも保険で支払われるのです。

※ 31日未満で海外旅行保険をご契約された方は、海外渡航中、保険加入前に発病していた持病、病気が原因の急激な悪化による治療費、3日以上続けて入院した治療費・入院費、母国から家族がお見舞いに駆けつける費用等は保険適用となります。
※ 現在日本ではコロナウイルスが感染拡大しているため、保険の加入や更新のために無理をして一時帰国をするのは避けるべきです。お困りの際はご相談ください。

※注意事項

このブログは、海外旅行保険についての概要・特徴を一般的に案内したものであり、保険会社によって適応できないこともございます。つきましては、実際のご契約・ご利用の場合には、その該当保険会社のパンフレット・重要事項説明書・約款等で詳細をご確認いただくようお願いします。


日本に一時帰国不要です。

海外からお申込み可能な日本の海外旅行保険


海外でビクビクしながら生活している保険難民のあなた、日本の海外旅行保険は加入国制限はありません、旅行や出張で第三国、第四国と移動されても使用可能です、キャッシュレス対応病院も多い安心な海外旅行保険は「海外安心生活保険」とお考えください。

世界中で、24時間365日の安心日本語対応!