「海外旅行保険」一覧ページ

あなたはこんな勘違いをしていませんか?

勘違い①:海外旅行保険は、日本出国前でしか絶対に加入が出来ない!

勘違い②:海外現地で起業した、採用されたから、日本の海外旅行保険には入れない!

勘違い③:日本の海外旅行保険は、一部の特定病院でしか使えない!

勘違い④:意識不明などの緊急時、事前確認ができずに海外旅行保険が利用できないなら意味が無い!

勘違い⑤:クレジットカード付帯の海外旅行保険があるから大丈夫!

それではひとつずつ紐解いていきましょう。

続きを読む

外務省が日本の海外旅行保険加入を特に推奨する、14の国。

海外に頻繁に行っている私も、あまり意識をしていないパスポートの表紙の裏面

そこには、外務大臣の署名にて「日本国民である本旅券所持人を通路故障なく旅行させ、かつ、同人に必要な保護扶助を与えるよう、関係の諸官に要請する。」という文言が書かれています。

つまり、このパスポートの所持者は日本できちんと許可を出して海外に渡航しているのだから、海外現地でも最低限の保護扶助をしていただくように、という要請文です。

ですから、外務省が発行したパスポートで海外に出国した日本人に、海外現地でもしものことがあれば現地日本人の保護にあたるのが外務省の仕事となります。

そんな外務省のHPでは、世界中の国で日本の海外旅行保険に加入して渡航するよう特に推奨している国が14国ほどあります。それはどこでしょう。
(外務省 海外安全安全ホームページより)
続きを読む

夫婦どちらかが日本人ならば加入可能!海外で生まれたお子様も問題なし!

今や16組に1組が国際結婚カップルの時代。

海外で暮らす日本人が外国人の相手と結婚し、海外で暮らしている方も右肩上がりで増えています。

日本から世界中の国へ赴任される駐在員の方で、配偶者の方が外国人であることも多いでしょう。

そしてめでたく海外でお子様誕生!

そんなたくさんの日本人の皆様から、外国籍のパートナー様やお子様にも、同様に日本の海外旅行保険をかけられませんか?というお問い合わせが日々入っています。

ホスピタリティや補償内容の充実している、日本の海外旅行保険。外国籍の方がご加入できるケースをご案内します。
続きを読む

日本一時帰国中、海外戻る前日にお子様がはしかに感染。海外旅行保険のお役立ち度は?

海外から日本にご家族で一時帰国。運の悪いことに、海外に戻る前日にお子様がはしかに感染

このような場合は、翌日の飛行機には乗れません

お子様には良くありがちな病気で、どのようなケースだと飛行機に搭乗出来ないのでしょうか。そしてそのようなケースでは、海外旅行保険は何が利用できるのでしょうか
続きを読む

コーヒー1杯の料金が海外生活1日の安心コスト

私はほぼ毎日、一度はノートパソコンを片手に近くのスターバックスに行き、気分転換も兼ねて仕事をしています。

決して甘党ではありませんが、毎回スタバで頼むのはカフェモカ。2時間くらいは滞在するため、大きさは最大のベンティです。料金は520円

実はこの料金。海外に長期滞在をする私達にとって、安心に暮らせるために必要な1日あたりのコストと同じなんです!
続きを読む

急な帰国、月単位返金可、海外旅行保険最長2年契約がベストな理由。

海外での生活が長期に渡ることが分かっている場合、海外旅行保険も出来るだけ長期で加入していたいもの。

しかし日本の海外旅行保険は、その利便性の良さから長期になればなるほど、保険会社の意に反して保険の使用率が高まることから、一定の期限を切った契約として、更新の都度その判定を行っています

私どものような長期で海外に滞在する者にとっては、無くてはならない日本の海外旅行保険。でも大半の皆さんが1年ごとに延長手続きをされているようです。

意外に知られていない、最長2年ごとの契約のメリットについてのお話をします。
続きを読む

海外では億ションでも漏水?!下の階からの請求額300万円!

私が滞在している中国・上海では、この10年の間に当時では想像もつかないほどマンションの価格が高騰しており、70㎡ほどのマンションでも億ションなんて当たり前!

ああ、もしも10年前にマンションを買っていれば、今頃物凄い資産になっていたのに、と悔しがっている日本人の方々も多数。

他の東南アジアの国々でも、どんどんマンションの値段は高騰しているようです。

そしてそのような高級物件は、主に日本など外国からの駐在員のご家族が賃貸でお住いになっていらっしゃいます。

まるで高級ホテルのような部屋は、住んでいてもとっても気分のいいもの。しかしご注意を。海外では、特に中国や東南アジアなどでは、そんな億ションだって漏水するんです!
続きを読む