「海外留学」一覧ページ

私達「プロ代理店」の存在意義とは。

規定・マニュアル通りの対応しかしない(しかできない)保険会社に比べ、私たちプロの代理店はお客様のご事情に一番マッチした保険会社のプランや、一番条件を満たし且つオトクな商品を提案することが可能です。

70歳を超えた方の海外旅行保険や海外にすでに出国された方の海外旅行保険など、通常ではご加入が難しい保険は、私達プロ代理店を通せば加入が可能になる場合もあるんです。

そんな「プロ代理店」の存在意義(役割)、選び方をレクチャーしたいと思います。

続きを読む

【口の中】それ実は病気のサイン?全身の病気を引き起こす!

「あなたは今、何を後悔していますか?」

ある雑誌で、55歳から74歳のシニア1,000人を対象にアンケートを行った結果、健康面では「運動不足」や「食事の不摂生」、「毛髪の手入れ不足」などを上回り、「歯の定期検診をしっかりと受けていれば良かった」がトップになったそうです。

「もっと歯を大切にすれば良かった」と思わせる現象が、この年代に入ると起こるのです。

ある著名な歯科医によると、口の中を見れば寿命がわかると言います。

海外旅行保険では歯科疾病は対象外のため、どうしても海外では遠ざかってしまう歯医者。

でも今回の記事を読めば、きっとあなたも考えが変わることでしょう。(PRESIDENT 2019年3月18日号:プレジデント社より)
続きを読む

現在治療中の病気・持病があって、これから海外に長期で行かれる方なら必見!

「持病(既往症) 海外旅行保険」

このようにネットで検索しても、出てくるのは「31日以内のプランであれば、持病の悪化でも300万円まで補償対象となります」という内容のみ。

もしくは長期プランで加入が出来ても、「持病や既往症は保険の対象外」という内容だけですね。

でも、実はそれだけでは無いのです。

長期プランであっても、持病の悪化どころか「現在治療中の病気」についても海外での悪化で保険が利用出来るプランだってあるのです!
続きを読む

重要!延長と更新の違い。更新なら、切り替え前後の「谷間状態」にご注意ください!

あなたは海外旅行保険の期間を伸ばす時、「延長」と「更新」の2種類があるのをご存知でしたか?

どちらも同じような意味で捉えていらっしゃると思いますが、実は一点大きな違いがあります

もし「更新」して期間を伸ばす場合には、今の保険が切れる間際に発病した病気やけがは、保険満期後3日以内に治療を開始しておかなければならないということです。

一体どういう意味?

殆ど説明を受けることの無いこの大きな違い、今回はしっかりと解説いたします。

海外に長期滞在のあなたなら「必見」です!
続きを読む

初めて海外旅行保険を利用する方必見(必読)

海外で長く生活をされていた間、ずっと無保険であったり医療保険を現地でご加入されていた方が、日本の海外旅行保険にご加入・切り替えされる際に一番気にされるのは海外旅行保険の利用の方法ですよね

海外現地の医療保険では、「ちょっとした病気で利用しようとしてもとっても使いづらい」、「予約がしづらい」、「キャッシュレス対応の病院が少ない」、「後からの請求が面倒」、「利用できても自己負担もそれなりに多額」、、、などなど。
続きを読む

火災、漏水、賠償責任!海外旅行保険の個人賠償特約があれば大丈夫?

海外長期滞在や海外移住をしているあなたなら、海外でアパートやマンションなどを借りていらっしゃると思います。

企業の駐在であれば、社宅として保険も準備されていると思いますが、個人で借りているあなたは部屋の保険はどうされていますか?

日本では、賃貸契約の際に当たり前のように仲介業者から火災保険を求められますが、海外ではあまり保険については言われないですよね。

では、日本ほど部屋を借りている場合の保険の必要性は低いのでしょうか?いいえ、全くそんなことはありません。

海外旅行保険に「個人賠償責任」が特約で付いているから大丈夫では?いいえ、必ずしもそうとは言えません。

今回は、海外で部屋を借りているあなたへ、海外旅行保険に付帯されている「個人賠償責任」補償で十分なのかどうかをチェックしましょう。
続きを読む

検査が海外旅行保険適用となるかどうかの3つのポイント

海外旅行保険が適用とならないのは、「*歯科疾病治療」、「妊娠関連」、そして「持病(既往症)」です。

では「検査」はどうなのでしょうか。

保険利用が出来た場合と、出来なかった場合があなたにもあったのでは無いでしょうか?

患者側だけでは無く、ドクターでも保険適用に迷うことがある「検査」。

そこで今回は、「検査」が保険の対象になるかどうかの3つのポイントをお伝えします。

*歯科疾病治療に関し一部留学や短期の場合で利用出来るプランもあります
続きを読む