80歳以上の海外旅行保険!年老いた両親を海外に呼び寄せる編

Dさんは、アメリカロサンゼルスの証券会社で働く、バリバリのエグゼクティブ。

国際結婚で既に現地には2人のお子さまも出来て、幸せな日々。アメリカで永住権も獲得し、アメリカを第二のふるさととして完全に移住をされました。

しかしそんなDさんの一番の懸念は、日本に残した高齢の母のこと、、、。

弟のEさんも、Ⅾさん同様ずっとシンガポールでの海外勤務

DさんEさんのご両親は、2人でふるさとで農業を営んでいました。何度も一緒に海外に住まないかと声をかけてきましたが、最後まで日本で夫婦で細々と生活していたいとの強い希望。

しかし、そんなご両親ですがお父様が先日心臓発作で他界されてしまったのです、、、。

80歳を超えても入れる海外旅行保険はあります

最愛の伴侶

80歳を超えたとは言え、本当に元気だったご両親ですが、最愛の伴侶を失ったお母様は、明らかに元気を失っています、、、。

ご夫婦で毎日行っていた散歩にも出なくなり、このままでは本当に心配なDさん。お母様をロスに呼んで老後の面倒を見ようと決意しました。

しかし心配なのは、現地でお母さんが病気やケガをした時のこと。日本の海外旅行保険をかけてあげたいと思いましたが、資料を請求しても69歳まで、もしくは80歳までのみが一般的。

さてどうしたものか、、、。

でもご安心ください。81歳以上の方だって、入れる日本の海外旅行保険はあるんです!

病気死亡は付帯不可。後遺障害も3級以上などの制約はありますが、一番重要な治療救援費用は無制限でも可能です。Ⅾさんは海外での治療費の高さを十分知っていたので、これで一安心です。

完全海外移住者は、日本の海外旅行保険の加入はできません

お母様を海外に呼んで面倒を見る

Ⅾさんは既に、アメリカでの永住権も獲得して完全に移住

このようなケースの方は日本の海外旅行保険への加入は難しいですね。

しかし、お母さまの老後の面倒を見るために、年に二回のお盆と正月の日本一時帰国を利用して高齢のお母様を海外に呼ぶ、という状況なら、お母さまの加入は大丈夫です。

もしもの時は、日本で骨を埋めて欲しいという遺言

万一の時は、死んだおじいちゃんと同じ墓で眠りたい

本当は、長年暮らした日本を離れたくはなかったお母様。

でも、息子さんの思いに、甘えることにしました。

ただ、一言だけ息子さんにこう言ったそうです。「もしもの時は、立派な葬儀などは要らない。ただ日本でおじいちゃんと同じ墓に骨を埋めて欲しい」と。

遺体の日本搬送は、意外に手間も費用も掛かります。でも海外旅行保険の治療救援費用には、この保険の対象理由で万一の際は日本への遺体処理費用が付帯されています。

これで、愛するお母様の万一の際には、その思いを叶えるのも安心ですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

海外でも日本でも安心な、日本の海外旅行保険のまとめ

  • 81歳以上の高齢者でも、入れる日本の海外旅行保険はあります
  • 永住権を持っている国への移住は不可。老後の面倒を見る目的で日本から出国して日本に戻るならOK
  • 万一の際の、緊急移送や遺体搬送も故人の思いを叶えれる可能性が大ですね
にほんブログ村 海外生活ブログ 全世界情報へにほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へにほんブログ村 海外生活ブログへ

海外に滞在したまま日本の海外旅行保険に加入できる!高額な海外の病院料金をあなたは知っていますか?

一時帰国不要で加入できる日本の海外旅行保険!

日本出国後に加入できる日本の海外旅行保険!

現地で生まれたお子様もすぐに加入可能!

外国人配偶者加入可能!

過去に保険を断られた方、ご相談ください!

世界中で、24時間365日の安心日本語対応!

もちろん帰国決定で月単位の返金対応!


一時帰国不要・海外旅行保険・詳しくはこちら

気に入っていただけましたら「いいね」を是非お願いします。

コメント

コメントを残す

*