老化防止の王様・ブロッコリー_茹でたら効果は期待出来ない?!

ブロッコリー。

様々な病気の予防に効果的だと言われており、老化防止効果も高いこの食品は、私も必ず定期的に摂取をしている食材の1つです。

ブロッコリーの食べ方と言えば、茹でたものを主食の付け合せにしたり、マヨネーズを添えて食べるのが主流と私は思っていました。

でも、今回見つけた記事では「茹でる」と効果は期待出来ない?!

え、ブロッコリーを茹でずに生で食べる?炒めて食べる?今までの常識では、ブロッコリーは茹でて食べるのが当たり前だった私には、ちょっとショックでもありました。

と言うことで、今回は健康食には欠かせない、そして老化防止の王様と言われるブロッコリーの賢い調理法や食べ方をご紹介します!(TBS・この差って何ですか?より)

ブロッコリーは低温で蒸すのがオススメ

ブロッコリーは低温で蒸すのがオススメ!

私が以前読んだ本では、ブロッコリーは健康食の王様と書いてありました。

以来、一週間に2〜3回は食べるようにしています。

ブロッコリーには、「老化防止」に必要な「スルフォラファン」という成分があり、「体内の活性酸素」を取り除く効果により「老化防止」の効果や、「肝臓機能障害の抑制」「花粉症の抑制」「肥満の抑制」にも効果的と言われています。正に万能食品ですね。

私の食べ方はもちろん、茹でてオリーブオイルや低脂肪のマヨネーズと一緒にペロリ。時にはハンバーグなどの付け合せとして、炒めたりすることも。

ところが、この「スルフォラファン」には弱点が2つあり、「水に溶けやすいので、茹でるとお湯に流れ出てしまう」ということと、「高熱で壊れる」のだそうです。

よって、せっかくブロッコリーを食べるのであれば、「低温で蒸す」のがオススメだそうです。

もしくは電子レンジで一杯の水と、3〜4分加熱するのでもいいようです。

アーモンドと一緒に食べれば効果はよりアップ

ブロッコリーとアーモンドを一緒に食べると健康効果倍増です。

ブロッコリー+アーモンド

アーモンドには活性酸素を除去するビタミンEが多く含まれていて、ブロッコリーと合わせて食べることで、体内の活性酸素を取り除く効果はダブルとなるようです。

ブロッコリー自体は中火で約10分程度低温で蒸す。その間にフライパンで、にんにくスライスやアーモンドスライス、ツナ缶や唐辛子・コンソメスープの素を炒めたものを絡めて完成。

ブロッコリーの凄さがより一層引き立つようです。

その他冬野菜で健康に効果のある食材は?

冬野菜で健康効果のある食品は?

「骨粗しょう症の予防」には、「小松菜」。「動脈硬化の予防」には、「大根」だそうです。

ほうれん草の2倍以上のカルシウムが含まれていると言われる小松菜。

その食べ合せは、「小松菜+ちりめんじゃこ」。「ちりめんじゃこ」には、「ビタミンD」という成分が入っており、「カルシウム」の吸収率をあげてくれる。腸のなかに、「カルシウム」を吸収する入り口があるが、普段は小さくてあまり吸収されにくいが、「ビタミンD」がその入り口を広げてくれるため、より「カルシウム」が体内に吸収されていくそうです。

一緒に炒めて、焼きおにぎりに混ぜるのがオススメだそうです。

一方大根ですが、「動脈硬化の予防」に必要な「イソチオシアネート」が圧倒的に多く含まれていて、「イソチオシアネート」は、血管の壁が硬くなり狭くなるのを防いでくれるので、「動脈硬化」を予防できるようです。

さらに「動脈硬化の予防」に効果的な食べ方は、「お酢」と一緒に食べることだとか。

「お酢」には、血中のコレステロールを分解してくれる効果があります。つまり、「大根」の「血管が硬くなるのを防ぐ効果」と「お酢」の「コレステロールを分解してくれる効果」により、「動脈硬化」の予防効果がアップするといえるのだそうです。

「大根とお酢の簡単作り置きレシピ」:「万能ダレ」

大根とお酢を使った万能だれを作ってみましょう!

「大根」と「お酢」を使った「万能ダレ」の作り方です。

使う食材は、大根(200g)、お酢(大さじ6)、しょう油(大さじ4)、砂糖(大さじ5)、ごま油(大さじ2)、ショウガ(10g)、ニンニク(1かけ)。

まず「大根」は皮をむかず、みじん切りにする。そしてボウルに移したら、砂糖(大さじ5)、しょう油(大さじ4)、お酢(大さじ6)、ごま油(大さじ2)を入れる。さらにショウガ(10g)、ニンニク(1かけ)を入れていくが、ここでワンポイントアドバイス!

チューブタイプのおろしたモノでもいいが、是非調理の際は生のニンニク・ショウガを細かく刻んでみてください。これを入れると風味が格段にアップします。

そしてシャキシャキ食感が楽しめ、あとを引く味わいになる。その後、しっかり混ぜ合わせれば出来上がり。保存容器で冷蔵保存すれば、5日ほど食べられるとのこと。

「厚揚げ」、「しゃぶしゃぶ」にかけても良いが、「うどん」がオススメだそうです。

美味しく食べて病気の予防。大切なことですね。
※参考記事

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

海外でも日本でも安心な、日本の海外旅行保険まとめ

  • 健康食・老化防止の王様と言われるブロッコリー。実は茹でて食べては効果が激減するそうです。それは水に溶けやすいことと、熱に弱いから。
  • 栄養効果を考えるなら、ブロッコリーを低温で蒸すこととと、アーモンドと一緒に食べるのがいいようです。
  • その他、小松菜+ちりめんじゃこ、大根+お酢などの食べ合わせも、生活習慣病の予防にいいようですよ。

※注意事項

このブログは、海外旅行保険についての概要・特徴を一般的に案内したものであり、保険会社によって適応できないこともございます。つきましては、実際のご契約・ご利用の場合には、その該当保険会社のパンフレット・重要事項説明書・約款等で詳細をご確認いただくようお願いします。


日本に一時帰国不要です。
・外国人配偶者も
・海外で生まれたお子様も
・過去に断られた方も、ご相談ください。

海外からお申込み可能な日本の海外旅行保険


海外でビクビクしながら生活している保険難民のあなた、日本の海外旅行保険は加入国制限はありません、旅行や出張で第三国、第四国と移動されても使用可能です、キャッシュレス対応病院も多い安心な海外旅行保険は「海外安心生活保険」とお考えください。

世界中で、24時間365日の安心日本語対応!

もちろん帰国決定で月単位の返金対応!