空港でATM型自動海外旅行保険に入るのはやめた方がいい15の理由(ワケ)

一か月後、海外への渡航が決まり飛行機も予約済

あとは海外旅行保険を契約するだけですが、当日空港でも入れる海外旅行保険いつのタイミング

契約をするのがベストなんでしょうか。

出発当日空港で海外旅行保険に入るのは、やめた方がいい理由

ネットや空港で海外旅行保険は入ってはいけない理由

特に知っている代理店もないし、どうせ空港に行けば加入する機械がいくつも置いてあるから大丈夫。

もしくはネットでも出発当日まで入れるから、ギリギリになってからでいいだろう。

そう思っている方も多いようですが、ネットや空港で当日入るのは止めた方がいい理由15個あります。

海外旅行保険は、日本のご自宅を出てから日本のご自宅に帰るまでを補償

大きなスーツケースを持ったまま転倒したり、あるいは人にぶつけて他人のものを壊してしまった

まず何と言っても、海外旅行保険の補償範囲の問題。意外に①ご自宅から搭乗までの間にも事故は起こるもの。

事前に保険に加入しておけば、例えば空港までの間に起きた事故やケガでも、補償の対象となります。大きなスーツケースを持ったまま転倒したり、あるいは人にぶつけて他人のものを壊してしまった。駅から空港の搭乗手続き場までの間に、カートで人にぶつけてケガをさせてしまった等々。

同じ保険料なら、家を出てすぐに安心が付いていた方がいいですよね。

けっこう制約が多いネットや空港での機械からの加入

けっこう制約が多いネットや空港での機械からの加入

誰でも簡単にネットや空港の機械から、海外旅行保険の契約ができると思っていますが、それは何ら条件にひっかからない方だけの話。

会社によって告知する内容はまちまちですが、共通して言えるのは、②保険期間は31日以内までが殆んどで、またその他「条件は厳しい」ということ。31日以上の旅行や出張の方は、もうここでアウト!

その他③現在医者にかかっているか④未治療の病気はあるか⑤渡航先の国は?⑥現地でどんなスポーツや職業に就くかなどなど。⑦虫歯が前日から痛みだし、それを我慢して出発するだけで保険会社によってはお断り対象となってしまいます。

海外旅行保険特有の、様々ななお役立ち特約も、ネットや空港では付帯できない場合が多い

渡航先のテロや治安の悪化

海外旅行出発前に、渡航先や日常生活に様々な変化が起きることも良くあります。

⑧渡航予定先の治安悪化⑨自身の環境の変化⑩親族の体調不良や時には⑪家族に重病者が出るかもしれません。

⑫自分自身がインフルエンザにかかってしまうことだってあります。

自身や親族だけでなく、一緒に旅行に行くメンバーが病気になったりして
⑬行けなくなるケース
だってあります。
※参考記事

長期で家を空ける場合で、留守中誰も居なくなるような時は、⑭自宅の家財が心配なケースも出てきます。
※参考記事


⑮海外でスカイダイビングのようなスリリングなスポーツにチャレンジされる方もいるでしょう。

上記のように、いろいろなケースや事情が海外に行かれるみなさんにもあると思います。全く懸念事項も何も無ければ大丈夫かもしれませんが、状況は突然変わるもの。

ですから、海外旅行保険は出発当日やネットでのお申込みよりも、出発前の余裕のあるときにじっくり検討されるのがいいでしょう。尚、早期に契約をしておいても、出発前日までならキャンセルしても全額払い戻してもらえますので安心ですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

海外でも日本でも安心な、日本の海外旅行保険まとめ

  • 海外旅行保険は、日本のご自宅を出てから補償は開始。空港で契約では自宅から空港は持てません
  • ネットや空港の機会からの加入は、日数や健康状態、現地でのスポーツや職業など様々な制約があります
  • 海外渡航前には、渡航先や日本でいろいろな事情の変化もあり。いろいろな特約を検討してみた方がいい
にほんブログ村 海外生活ブログ 全世界情報へにほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へにほんブログ村 海外生活ブログへ

海外に滞在したまま日本の海外旅行保険に加入できる!高額な海外の病院料金をあなたは知っていますか?

一時帰国不要で加入できる日本の海外旅行保険!

日本出国後に加入できる日本の海外旅行保険!

現地で生まれたお子様もすぐに加入可能!

外国人配偶者加入可能!

過去に保険を断られた方、ご相談ください!

世界中で、24時間365日の安心日本語対応!

もちろん帰国決定で月単位の返金対応!


一時帰国不要・海外旅行保険・詳しくはこちら

気に入っていただけましたら「いいね」を是非お願いします。

コメントを残す

*