海外で生まれたばかりの赤ちゃんに、海外旅行保険をかけたい

海外滞在中に、念願の赤ちゃん誕生!

本当に素晴らしいことです。

しかし生後間もない子どもさんは、すぐに病気になりがちなのが心配ですね。ましてここは海外。
一刻も早く

海外旅行保険をかけてあげたいものです。では、海外旅行保険はいくつから加入できるのでしょうか?

海外旅行保険は、0歳から69歳が通常加入OK

海外旅行保険は、生まれてすぐの赤ちゃんでも加入が出来ます。但し、パスポートは必要なので、正確に言えば加入後パスポートの手続きが完了してから、ということになりますね。

安心してください。

海外旅行保険は、生まれてすぐの赤ちゃんでも加入が出来ます

但し、パスポートは必要なので、正確に言えば加入後パスポートの手続きが完了してから、ということになりますね。

お子さまが誕生して、すぐに日本帰国の予定が無ければ、日本領事館に戸籍の申請をして海外現地の登録まで約一か月
登録完了後、パスポートを申請して約一週間というところでしょうか。

パスポートの申請完了後、海外に居たままお子さまの海外旅行を申込み

お子さまのいつでも急な発熱や病気にも、海外ですぐに備えることが出来るんです!

お子さまの誕生後、帰国まではまだ日程が先の場合もあります。

でも、早く大切なお子さまに保険をかけてあげたいですよね。

本来日本で加入しなくてはならない日本の海外旅行保険ですが、海外に居たまま加入できる保険会社もあります
日本のご親族や、知人を通して依頼をしてください。

これで、いつでも急な発熱や病気にも、海外ですぐに備えることが出来るんです!

お子さまを身ごもっているお母様は、妊娠に関する治療は対象外

安定期に入るまでは、切迫流産など様々なリスクがり、旦那様としても本当に気が気ではない

念願のお子さまが身ごもった!

しかし安定期に入るまでは、切迫流産など様々なリスクがり、旦那様としても本当に気が気ではないと思います。

海外旅行保険は、残念ながらそのような妊娠・出産・早産・流産、その他これらが原因の病気の治療費用は、補償対象外となります。但し、一部の保険会社では、31日以内プランについて、妊娠22週目までに限り妊娠初期の異常により治療を海外で開始した場合には、所定の限度内での補償をしてくれるところもありますので、状況に合わせて海外旅行保険もきちんと選んで契約をした方がいいでしょう。

最後にちょっとした雑学ですが、生まれてすぐのお子さんをあまりに過保護に潔癖に育てると、本来免疫として腸内に備わるべき菌が育たないようです。最近話題の腸内フローラの見地から言えば、生まれてすぐの赤ちゃんが、あれこれ口に入れたり舐めたりするのも、その土地の免疫を育てるのには重要なことなのだとか。

愛するお子さまと奥様の笑顔のため

まあ、日本よりは怖い海外ですが、愛するお子さまと奥様の笑顔のため少しはそんな見解も持っていても、海外生活には重要なのかもしれませんね。

※参考記事

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

海外でも日本での安心な、日本の海外旅行保険のまとめ

  • 一般の海外旅行保険は、0歳から69歳まで通常加入可能
  • 出産後パスポートを申請したら、海外に居たまま加入できる会社もあり
  • お母様の妊娠中の異常は、残念ですが補償対象外(一部可のプランもあり)
にほんブログ村 海外生活ブログ 全世界情報へにほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へにほんブログ村 海外生活ブログへ

海外に滞在したまま日本の海外旅行保険に加入できる!高額な海外の病院料金をあなたは知っていますか?

一時帰国不要で加入できる日本の海外旅行保険!

日本出国後に加入できる日本の海外旅行保険!

現地で生まれたお子様もすぐに加入可能!

外国人配偶者加入可能!

過去に保険を断られた方、ご相談ください!

世界中で、24時間365日の安心日本語対応!

もちろん帰国決定で月単位の返金対応!


一時帰国不要・海外旅行保険・詳しくはこちら

気に入っていただけましたら「いいね」を是非お願いします。

コメント

コメントを残す

*