あなたの海外旅行保険にも付いてますよ!航空機の出発が遅れたときの航空機遅延補償。

今年の日本の夏は、台風が頻発した上に大型のものも多く、また日本を縦断するケースが多かったことから、飛行機の欠航や遅延が相次ぎました

私も9月30日の羽田からのフライトでは、2時間ほどの遅延に。

また夜21時以降の便はすべて翌日以降に延期となっていました。

こんな時に備えて、海外旅行保険には「航空機遅延費用等担保特約」という補償が付帯されています。

知らないと損をする!!知ってて得する海外旅行保険のお話。

航空機遅延補償は、搭乗予定機の6時間以上遅延が必須条件

本来搭乗する予定の航空機が、出発遅延や搭乗不能、着陸地変更などによって、6時間以内に代替え機を利用出来なかった場合に、その間に負担した費用を補償してくれます。

費用とは、宿泊代や食事代、交通費や国際電話等の通信費などです。

飛行機自体の遅延だけでなく、9月4日の台風で関西空港が封鎖されてしまった場合なども当然対象です。

但し、遅延時間が、6時間より1分でも短くても対象とはなりません。今年の日本の大型台風の時のように「欠航」となったケースはもちろん全く問題ありません。

また私が滞在する中国では、夕方以降の国内便は6時間より遅れることもそれほど珍しくはありませんので、お役立ち度はかなりです。

出発が遅れたことで、到着先で発生する損害にも対応

航空機が遅延して、海外現地での旅行サービスをキャンセルしなければならないことに。

この特約は、出発が遅れている間にかかった費用だけで無く、到着現地において受けられる予定であった旅行サービスについて、遅延したことで発生した取消料や違約料、旅行業務取扱料なども対象となります。

これは意外に知られていないのでは無いでしょうか。

この特約で利用できる金額は大体、どの会社でも一回あたり2万円

欠航になった時に泊まるホテル代と、ちょっと贅沢なお食事が出来るという感じでしょうか。ご家族4人などなら全員が使えますから、結構な金額になりますね。

欠航が決まってから、海外旅行保険に入ったら?

空港やネットからの加入時は、前日・当日の申込みではこの特約は付けられません。

ダメですダメです。

そんなズルいことを考えないでください。

そういうケースを防止するために、インターネットや空港の自動カウンターなどでは、前日・当日にご加入する海外旅行保険にはこの特約は付帯していません

それはそうですね。

関西空港では多数の方が空港内に閉じ込められてしまいましたが、空港で海外旅行保険にご加入しようと思っていた方は、せっかくのこの特約も使えなかったのが残念だったと思います。

これらを考えると、長期滞在者で事前に海外旅行保険に加入され準備をされている方は勝ち組といったところでしょうか。

さあ今すぐ、あなたの海外旅行保険に航空機遅延補償が付いているかご確認を!

※参考記事

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

海外でも日本でも安心な、日本の海外旅行保険まとめ

  • 航空機遅延費用等担保特約は、搭乗予定の航空機が6時間以上遅れた場合に備えた特約です。遅延により負担した宿泊代や食事代、交通費、通信費などが払われます。
  • 遅延によって到着地で受ける予定だった旅行サービスについて、取消料や違約料、旅行業務取扱料なども補償対象となります。
  • 空港やネットでの海外旅行保険の場合、前日・当日のご加入にはこの特約は付けられません。事前に準備している方だけが利用が可能です。

※注意事項

このブログは、海外旅行保険についての概要・特徴を一般的に案内したものであり、保険会社によって適応できないこともございます。つきましては、実際のご契約・ご利用の場合には、その該当保険会社のパンフレット・重要事項説明書・約款等で詳細をご確認いただくようお願いします。




一時帰国不要
日本の海外旅行保険

日本出国後!現地で生まれたお子様!外国人配偶者!過去に保険を断られた!ご相談ください。

世界中で、24時間365日の安心日本語対応!
もちろん帰国決定で月単位の返金対応!




ABOUTこの記事をかいた人

総合保険代理店株式会社「セーブユー」 代表・| 中国上海グループ会社「上海勢武優文化伝播有限公司」代表|真に役立つ保険の普及と、適切な助言や情報を提供することで人々に貢献すること。保険のプロが教える・知って得するブログ運営者