プロが本音でお答えしますシリーズ③!「海外旅行保険は在住国だけしか使えない?」

好評の「プロが本音でお答えします!」シリーズ第三回目。

皆様から日々寄せられる、海外旅行保険に関するよくある質問・疑問に、海外旅行保険のプロが本音でお答えします!

今回は、以下4つのご質問です。
Q1,海外旅行保険は在住国だけしか使えない?
Q2,加入後、いつから利用が出来ますか?
Q3,勤務先から補償内容を英文で求められていますが、発行できますか?
Q4,パンフレットを見ると、期間27日間で申し込むより34日間で申し込んだ方が安いのは何でですか??

Q1,海外旅行保険は在住国だけしか使えない?

海外旅行保険は、滞在国以外は保険が利用できない保険会社もあります。

海外旅行保険をお申し込みになる場合、渡航先がどの地域になるかを問われる保険会社があります。

これは、渡航先の地域によって医療水準が異なるためです。

このような保険会社を通してご加入する場合は、それ以外の地域での利用時に「※選択した旅行先が事実と相違した場合や、ご旅行先に選択もれがあった場合は、保険金が支払われない場合があります。 」というメッセージが出ます。

その場合は、実際申告していない国でのご利用の場合、保険金が削減されるケースもあります。

これは、渡航先によって保険料を変えている保険会社のみですので、例えば滞在している国以外でも利用できる方がいい、という方ならエリア別での保険料を設定していない保険会社を選択すれば問題ありません。

また、渡航エリア別で保険料を差別化している保険会社の場合、短期でのご利用なら国によってはとても割安となりますが、1年や2年などの長期のご利用の場合には、滞在国問わず非常に割高な設定となっていますので、くれぐれもご注意ください。

その他、エリア別の保険料を設定していない保険会社でも、内戦中の国やキューバ・北朝鮮などの一部の国を補償対象外としているところもありますので、長期で海外にご滞在の場合はその辺りもチェックされることをお勧めします。

あと、3ヶ月以上でご加入された場合は、ほぼ全社で日本への一時帰国中でもご利用が可能です。

これは長期で海外在住の方々にとっては、とても大きな安心だと思います。

Q2,加入後、いつから利用が出来ますか?

海外旅行保険は、ご契約後すぐにご利用が可能です。

海外現地の医療保険などは、ご加入後15日間や30日間の補償対象外期間があるケースが一般的です。

日本でも、ガン保険は必ず90日間の待機期間があります。

では、海外旅行保険は?

これは、ご契約後例えば当日に病気やケガをしても補償の対象となります。契約前の病気やケガは対象とはなりませんが、そうでなければご契約後すぐに補償OKです。

私のお客様でも、補償開始当日にご気分が悪くなったりおケガをしてお役に立ったケースがいくつもあります。

Q3,勤務先から補償内容を英文で求められていますが、発行できますか?

必要な方には、英文の付保証明を即時発行可能です。

海外での留学や、特別な機関で働かれる場合には、このような英文での補償証明書を求められるケースが良くあります。

私どもでは、そのようなケースに応じて英文で海外旅行保険の補償内容を証明する「付保証明」を即時発行しています。

どうぞご安心ください(写真画像参照)。

Q4,パンフレットを見ると、期間27日間で申し込むより34日間で申し込んだ方が安いのは何でですか??

31日の保険料より、39日の保険料より安くなります。

これ、一見したらちょっと不思議ですよね。

そのカラクリは、全保険会社が31日以内の海外渡航者に対して「持病の悪化でも300万円まで補償します」という特約を付帯したからなんです。

つまり、31日以内までの海外渡航の方へのプランは、希望するしないにかかわらず「持病の悪化でも300万円まで補償します」という補償を自動付帯したことによって、その分の保険料を割増付帯しているから、32日以上の渡航の方との保険料差額が発生しているのです。

大体、31日丁度の保険料は39日までの保険料より高くなっていることが多いようです。

参考までに、クレジットカードに付帯されている海外旅行保険には、この持病悪化の補償は付帯されていませんのでご注意ください。

以上いかがでしたか?

ああなるほど!というお答えもありましたでしょうか?

今後も素朴な疑問でも些細な質問でも結構です。どうぞお気軽にご質問くださいませ。

※参考記事


最後までお読みいただき、ありがとうございました!

海外でも 日本でも安心な、日本の海外旅行保険まとめ

  • 海外旅行保険は、保険会社によってはご加入時に申告した国以外では、補償が削減されることもありますのでご注意ください。
  • 海外旅行保険は、ご加入後補償開始日以降すぐにご利用が可能です。
  • ご要望により、海外旅行保険の補償内容を英文の「付保証明」で発行も大丈夫です。
  • 31日以内の短期契約には、全件既往症対応の特約が付帯しているので、その分32日以上のプランより割高になっています。

※注意事項

このブログは、海外旅行保険についての概要・特徴を一般的に案内したものであり、保険会社によって適応できないこともございます。つきましては、実際のご契約・ご利用の場合には、その該当保険会社のパンフレット・重要事項説明書・約款等で詳細をご確認いただくようお願いします。

記事一覧_海外旅行保険のブログ

にほんブログ村 海外生活ブログ 全世界情報へにほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へにほんブログ村 海外生活ブログへ

海外に滞在したまま日本の海外旅行保険に加入できる!高額な海外の病院料金をあなたは知っていますか?

一時帰国不要で加入できる日本の海外旅行保険!

日本出国後に加入できる日本の海外旅行保険!

現地で生まれたお子様もすぐに加入可能!

外国人配偶者加入可能!

過去に保険を断られた方、ご相談ください!

世界中で、24時間365日の安心日本語対応!

もちろん帰国決定で月単位の返金対応!


一時帰国不要・海外旅行保険・詳しくはこちら

気に入っていただけましたら「いいね」を是非お願いします。

コメントを残す

*