急な帰国、月単位返金可、海外旅行保険最長2年契約がベストな理由。

海外での生活が長期に渡ることが分かっている場合、海外旅行保険も出来るだけ長期で加入していたいもの。

しかし日本の海外旅行保険は、その利便性の良さから長期になればなるほど、保険会社の意に反して保険の使用率が高まることから、一定の期限を切った契約として更新の都度その判定を行っています

私どものような長期で海外に滞在する者にとっては、無くてはならない日本の海外旅行保険。でも大半の皆さんが1年ごとに延長手続きをされているようです。

意外に知られていない、最長2年ごとの契約のメリットについてのお話をします。

海外旅行保険の一度に契約できる最長期間は一般に2年です。

海外旅行保険の最長契約期間は2年です。

今海外で長期生活をされていらっしゃるあなたでも、1年更新にされていらっしゃるケースが多いのでは無いでしょうか。

その理由は、会社が認めてくれている経費の出金が1年ごとである場合や、通常のパンフレットなどにも1年までの契約プランしか記載されていないこと、一度に2年分の保険料負担が厳しい方などが大半の理由だと思います。

また、保険会社としても赤字商品の海外旅行保険を、少しでも短い期間にて審査をしながら更新していきたい、という思惑も絡んで積極的に2年プランは宣伝していません。

でもそこであなたに伺います。

わざわざ日本の地を離れ、海外で仕事や生活をする中で最低限医療という問題だけは安心しておきたいのでは無いでしょうか。

少なくとも私はそうです。たまたま体調をひんぱんに崩し、藁をもすがる思いで病院に通ったら、翌年からは海外旅行保険が継続出来ずに以後の医療費は自己責任…

大手企業では、海外旅行保険は加入せずかかった医療費は会社負担にて後日支払います、と謳っているところもありますが、では真夜中2時の管理職の急病を、本社の人事部はサポートしてくれるのでしょうか

海外旅行保険に加入をされていなければ、緊急入院時や手術の際に、高額なデポジットを要求される国もたくさんあります。

海外旅行保険の継続の可否は、保険期間中に使用した保険の回数や医療費

保険期間中、何度も病院を利用したり、高額な医療費がかかると、翌年の継続は出来ないケースが多々あります。

保険期間中に違う病気やケガなどで3回以上保険を使用すると、間違いなく継続審査の対象になってしまいます。

同じ病気やケガで3回4回では無く、別の病気やケガでの治療が3回以上です。

(但し、日本の企業で年間包括契約を組んでいる場合には、個別に継続不可とはならず、その分全体の保険料が翌年は割増になっていきます)

例えば1年契約の方がたまたまその年に風邪を引いた、腰を痛めた、おできが出来たなどで連続して違う病気で病院にかかった場合、保険期間1年の利用回数が3回を超えてしまうこともあるでしょう

そうすると、翌年の継続は不可!となる可能性が非常に高くなります。

しかし、もし2年契約をされていれば、たまたま初年度はひんぱんに病院のお世話になっていても、翌年は特に病院に通うことが無ければ、それは2年トータルで審査されますから、継続も問題無し!となる可能性が高いのです。

海外旅行保険は、長期滞在される方ほどリスクが高い!と思われていますから、短期を更新・継続とするよりも、長期契約になればなるほど若干割高な保険料になります。でも、1年契約と2年契約なら、殆ど変わりません

そういったことも、恐らく保険会社からはわざわざアナウンスはされませんし、空港やインターネットなどでは短期プランしか契約は出来ません。

長期契約では、想定外の早期帰任や帰国時には損をする?

例えば、海外に居る期間が想定できなくても、長期契約を結んで早期解約しても、未経過分は月割りで返金されます。だから長期契約のリスクはありません

そんなことは全くありません。

例えば、日本への帰国の日程が分からないときに海外旅行保険にご加入の場合、もし早期に帰任になったら、、、。

そう考えて出来るだけ想定される期限に合わせて契約しなければ、と思いがちですが、どうぞご安心ください。

海外旅行保険は、海外での補償が必要無くなった場合、契約の未経過期間に応じて月割りで保険料が返金されます。

1年までのプランは一ヶ月単位での選択となりますが、1年を超えると1年プラス日割りで加入可能です。返金も1年を超えた契約の場合は日割りにて返金となります。

ですからもし海外の滞在が長くなりそうであれば、2年で契約をしておいても損をするリスクはありません

海外での滞在が長引いた際の補償が無い!というリスクを最優先で考えていただければと思います。日本の海外旅行保険、本当にあって良かった〜、そう思われるときが必ず来ると思います。
※参考資料

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

海外でも日本での安心な、日本の海外旅行保険まとめ

  • 日本の安心な海外旅行保険、最長で2年ごとの更新が出来ることを知っている方は意外に少ないもの。
  • それは、日本では全保険会社の海外旅行保険が赤字となっている事情もあり、出来るだけ最長でも1年で継続の可否を審査したいから、という事情もあるようです。
  • 海外で長期に渡って滞在される方にとっての最大のリスクは、海外旅行保険の継続が出来ないこと。継続審査の面からも、出来るだけ最長2年でのご契約をお勧めします。早期解約時には月割り(1年超は日割り)の返金が出来ることから、最長2年契約にリスクはありません。

※注意事項

このブログは、海外旅行保険についての概要・特徴を一般的に案内したものであり、保険会社によって適応できないこともございます。つきましては、実際のご契約・ご利用の場合には、その該当保険会社のパンフレット・重要事項説明書・約款等で詳細をご確認いただくようお願いします。


日本に一時帰国不要です。
・外国人配偶者も
・海外で生まれたお子様も
・過去に断られた方も、ご相談ください。

海外からお申込み可能な日本の海外旅行保険


海外でビクビクしながら生活している保険難民のあなた、日本の海外旅行保険は加入国制限はありません、旅行や出張で第三国、第四国と移動されても使用可能です、キャッシュレス対応病院も多い安心な海外旅行保険は「海外安心生活保険」とお考えください。

世界中で、24時間365日の安心日本語対応!

もちろん帰国決定で月単位の返金対応!