海外で暮らす保険のお話し

老化防止の王様・ブロッコリー_茹でたら効果は期待出来ない?!

ブロッコリー。

様々な病気の予防に効果的だと言われており、老化防止効果も高いこの食品は、私も必ず定期的に摂取をしている食材の1つです。

ブロッコリーの食べ方と言えば、茹でたものを主食の付け合せにしたり、マヨネーズを添えて食べるのが主流と私は思っていました。

でも、今回見つけた記事では「茹でる」と効果は期待出来ない?!

え、ブロッコリーを茹でずに生で食べる?炒めて食べる?今までの常識では、ブロッコリーは茹でて食べるのが当たり前だった私には、ちょっとショックでもありました。

と言うことで、今回は健康食には欠かせない、そして老化防止の王様と言われるブロッコリーの賢い調理法や食べ方をご紹介します!(TBS・この差って何ですか?より)
続きを読む

2030年_世界で毎年3,000万人が癌で死亡するという警告?!

「癌(がん)」

今や日本では生涯で二人に一人はかかると言われている病気。

日本での死因では男女とも約3割前後を占め、2位の心疾患・3位の脳血管疾患を大きく離してトップとなっています。

有名人で最近ガンにかかった方と言えば、水泳選手の池江璃花子さんが血液のガンと言われる白血病に。また、元アイドルで女優の堀ちえみさんが舌がんであることを公表しました。

昨年亡くなられた女優の樹木希林さんは全身ガンと闘いながら、女優として最後まで頑張っていらっしゃいました。

医療技術も進歩し今やガンは治る時代と言われながら、10年後には世界で現在の3倍約3,000万人が癌で亡くなると言われるのは何故なんでしょうか。

メルマガ「ドクター徳田安春の最新健康医学」や国立がん研究センターの統計データなどを参考に、その理由と対策を見ていきます。
続きを読む

初めて海外旅行保険を利用する方必見(必読)

海外で長く生活をされていた間、ずっと無保険であったり医療保険を現地でご加入されていた方が、日本の海外旅行保険にご加入・切り替えされる際に一番気にされるのは海外旅行保険の利用の方法ですよね

海外現地の医療保険では、「ちょっとした病気で利用しようとしてもとっても使いづらい」、「予約がしづらい」、「キャッシュレス対応の病院が少ない」、「後からの請求が面倒」、「利用できても自己負担もそれなりに多額」、、、などなど。
続きを読む

海外旅行保険を「海外安心生活保険」と読む理由(ワケ)がある!

あなたにとって海外に行っている理由が「旅行では無い」とか、「既に海外で生活している」からと、あまり海外旅行保険にピンと来ていないかもしれません。

でも、ちょっと待ってください。海外「旅行」保険というネーミングに誤解を産んでいませんか?

そうでは無く、「海外安心生活保険」だと思っていただけると分かりやすいと思います。

海外旅行保険は「旅行行程中」に限らず、日本人が海外に滞在している間に起こり得る、日常生活でのあらゆるリスクに対して補償をしてくれる頼もしい保険なんです。

だから、「海外」「安心」なのです。

それでは今回は、海外旅行保険が「海外安心生活保険」と読む理由(ワケ)を解説します!
続きを読む

火災、漏水、賠償責任!海外旅行保険の個人賠償特約があれば大丈夫?

海外長期滞在や海外移住をしているあなたなら、海外でアパートやマンションなどを借りていらっしゃると思います。

企業の駐在であれば、社宅として保険も準備されていると思いますが、個人で借りているあなたは部屋の保険はどうされていますか?

日本では、賃貸契約の際に当たり前のように仲介業者から火災保険を求められますが、海外ではあまり保険については言われないですよね。

では、日本ほど部屋を借りている場合の保険の必要性は低いのでしょうか?いいえ、全くそんなことはありません。

海外旅行保険に「個人賠償責任」が特約で付いているから大丈夫では?いいえ、必ずしもそうとは言えません。

今回は、海外で部屋を借りているあなたへ、海外旅行保険に付帯されている「個人賠償責任」補償で十分なのかどうかをチェックしましょう。
続きを読む

肺ガンステージⅣ。何年も健康診断に行かなかったNさんが、ガンを見つけた意外なきっかけ

Nさんは、日本から上海現地法人に出向されていらっしゃる方。

弊社より3年前に海外旅行保険に入っていただいて以降、日本人会でも良くお会いしお酒を酌み交わす仲でもあります。

そんなNさんから、昨年末にご連絡をちょうだいしました。

なんと!肺がんが見つかり現在日本で治療をされていらっしゃるとのことでした。

日本でNさんにお会いしていろいろと今までの経緯を伺ったところ、今回の肺がんが見つかった驚きの理由が分かりました。

それは「いびきセミナー」に参加されたことがきっかけだったのです。
続きを読む

持病・既往症の再発_どんなケースなら海外旅行保険の補償対象?

海外旅行保険は、31日以内の短期プランだけは「持病の悪化」でも300万円までは治療費が補償されますが、それ以上の長期プランでは全て対象外です。

では一般的に持病は対象外となりますが、過去にかかった病気(既往症)の再発は?以前扁桃腺が腫れて治療で完治した後、それがまた腫れたら対象外?

胃腸炎は?腰痛は?

大変多くの方から、これらについてのご質問を頂戴します。そこで今回は、出来る限りの詳細をお伝えしますので今後のご参考になさってください。

注)あくまでも最終の決定は、医師の診断や保険会社の判断となります。
続きを読む